太田市(未分類)

マップアプリで開く

タグ情報

is_in
群馬県; 日本
is_in:continent
Asia
is_in:country
Japan
is_in:country_code
JP
name:ar
أوتا، غونما
name:de
Ōta
name:es
Ōta
name:fr
Ōta
ひらがな
おおたし
韓国語名
오타시
name:pl
Ōta
name:ru
Ота
name:uk
Ота
place
city
population
221403
population:date
2017
source:population
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/
外部URL
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/jpgis/datalist/KsjTmplt-N03.html
wikidata
Q386179

この場所の口コミ

口コミを投稿する

太田市って

太田市(おおたし)は、関東地方の北部、群馬県南部(東毛地区)にある人口約22万人の市(群馬県内での人口は高崎市、前橋市に続き3番目に多い)。県内では西に隣接する伊勢崎市とともに施行時特例市に指定されている。
引用:Wikipedia

概要

東京都心から北西に約80km、県庁所在地である前橋市からは東に約30km、高崎市からは同じく東に約40kmに位置する。 江戸時代には大光院の門前町・日光例幣使街道の宿場町(太田宿)として発達した。 大正期以降は、現在のSUBARUとその前身である中島飛行機・富士重工業の企業城下町として飛躍的な発展を遂げた。工業統計調査によると、平成25年の工業製品出荷額等は2兆3491億3099万円で全国13位。これは、広島市に匹敵する規模を誇り、浜松市や京都市、北九州市といった政令指定都市を上回る関東内陸工業地域を代表する工業都市である。工業製品の製造品出荷額等に占める輸送用機器の割合は7割を超え、SUBARU(旧富士重工)を中心に坂本工業やしげる工業、東亜工業、イチタンといった関連メーカーの拠点の他、日野自動車新田工場など自動車産業の集積地といえる。

地理

群馬県南東部の関東平野北部に位置し(上毛かるたに「鶴舞う形の群馬県」と詠われている鶴の首部分に位置する)、南に利根川で埼玉県熊谷市、深谷市と北東に渡良瀬川で栃木県足利市と両県の県境に挟まれた地域にある。市内の標高が南部、南西部、北東部、東部は30 - 40mの低地、市街地付近など中央部と西部、北西部は40 - 70mだが、市街地北部に標高223mの金山がそびえ立ち、北西部の東武桐生線より東側や藪塚温泉付近は100m - 200m弱の八王子丘陵となっている。 |幅=220px |1=View from Ota city office north.jpg |3=View from Ota city office south.jpg |4=太田市役所庁舎展望ホールから見た太田市街(上:北方面、下:南方面) }}
山岳
八王子山
金山
河川
利根川:新上武大橋、刀水橋
渡良瀬川:葉鹿橋、鹿島橋
早川
石田川
蛇川
八瀬川

歴史

中世までの太田市
原始、古代
金山東側の平坦地などで旧石器時代や縄文時代の集落が多数つくられる。
県内で初の土師器の成立が石田川遺跡で確認された。
4世紀半ば、太田市最古の古墳が築造され、その後太田天神山古墳や別所茶臼山古墳などをはじめとする多くの古墳が築造される。5世紀末頃から、八王子山南斜面などで大規模な埴輪窯がつくられる。
町村制施行当時の町村
旧・太田市
新田郡 - 太田町 - 九合村 - 沢野村 - 鳥之郷村 - 強戸村 - 宝泉村
山田郡 - 韮川村 - 毛里田村
旧・藪塚本町
新田郡 - 藪塚本町
旧・新田町
新田郡 - 木崎町 - 生品村 - 綿打村
旧・尾島町
新田郡 - 尾島町 - 世良田村
岩宿遺跡の発掘調査で明らかになったように、この地域には約3万年前の旧石器時代からヒトが住んでいた。 都市名の由来は、宿場町時代の「太田宿(おおたじゅく)」に因む。それ以前は「新田荘(にったのしょう)」と呼ばれていた。
沿革
太田町 |廃止日= |廃止理由=新設合併 |廃止詳細=太田町、九合村、沢野村、山田郡韮川村 → 太田市 |現在の自治体=太田市 |画像 = |画像の説明 = |町旗 = |町章 = 100px1936年8月1日制定
|よみがな = おおたまち |自治体名 = 太田町 |都道府県=群馬県 |支庁= |郡=新田郡 |コード= |面積= |境界未定= |人口= |人口の出典= |人口の時点= |隣接自治体= |木= |花= |鳥など= |郵便番号= |所在地=新田郡太田町 |外部リンク= |位置画像= |特記事項= }}
1889年(明治22年)
1893年(明治26年)
1934年(昭和9年) - ラジオ聴取加入普及率が県内の市町村でトップだった。
1936年(昭和11年) - 太田町が30万大都市構想を掲げた『太田市歴史年表』。
1940年(昭和15年)
旧・太田市 |廃止日=2005年3月28日 |廃止理由=新設合併 |廃止詳細=太田市、薮塚本町、新田町、尾島町 → 太田市 |現在の自治体=太田市 |画像 = |画像の説明 = |町旗 = |町章 = 100px太田町から継承 |自治体名=太田市 |区分=市 |都道府県=群馬県| 支庁=| コード=| 面積=97.96| 境界未定=なし| 人口=152,000| 人口の時点=2004年3月1日| 隣接自治体=桐生市、
新田郡藪塚本町、新田町、尾島町、
邑楽郡大泉町、邑楽町
栃木県足利市
埼玉県:深谷市、大里郡妻沼町 木=| 花=| シンボル名=村の鳥| 鳥など=| 所在地= 太田市浜町2番35号| 郵便番号=373-8718| 電話番号=| 外部リンク=| 経度=| 緯度=| 位置画像=| 特記事項= }}
1940年(昭和15年)
1943年(昭和18年)11月
1943年(昭和18年) - 旧太田市(1963年 - 2005年)の市域組替人口が推計で約11万人近くでこれは1973年まで超えなかった翌年の旧太田市(1963年 - 2005年)の市域組替人口は96,810人だった。
1945年(昭和20年) - 連日警戒警報・空襲警報が出され工場等各地の空襲の被害は甚大であったが、中心市街地の大部分は罹災を免れた。
1948年(昭和23年)
1957年(昭和32年)
1960年(昭和35年)
1960年(昭和35年)
1963年(昭和38年)
1963年(昭和38年)12月
1971年(昭和46年)6月27日 - 集中豪雨により銀山川が久利町で氾濫、堤防決壊により70戸が床上、床下浸水。さらに同年7月1日の豪雨で再度決壊した「豪雨各地で猛威ふるう」『中國新聞』昭和46年7月2日島根版8面。
1977年(昭和52年) - 太田駅前に「ベルタウン」が開店。
1981年(昭和56年) - 高林(現・高林寿町)に「ショッピングセンター・ラブ」が開店
1996年(平成
1998年(平成10年) - 現在の市役所庁舎が完成。
1998年(平成10年)10月10日 - 太田福祉会館内にエフエム太郎が開局。(現在は太田駅構内に移転。)
2000年(平成12年)
2003年(平成15年)12月
2004年(平成16年)11月25日 - 太田駅高架化。
2005年(平成17年)
新・太田市
2005年(平成17年)
これにより、面積176.49km2、人口は217,038人(2005年合併当時)と20万人を突破した。市役所本庁舎は旧太田市役所に設置し、尾島町、新田町、藪塚本町の各町役場は、総合支所となった。
2005年(平成17年)
2006年(平成18年) - 太田駅新駅舎の躯体が完成。
2007年(平成19年)
2007年 (平成19年)
2008年(平成20年)
2008年(平成20年)
2008年(平成20年)
2010年(平成22年)
2011年(平成23年)
2016年(平成28年)4月1日 - 群馬県東部の水道事業が統合。群馬東部水道企業団が設立。

姉妹都市

人口

前述したとおり人口増加率は県内有数の伸びを示している。西に隣接する伊勢崎市(人口は約21万人・県下4位)と僅かの差で拮抗しており、両市とも人口は増加している。

交通

SUBARUの企業城下町であるためか自動車の依存度が高く、ラッシュ時の渋滞が激しい。鉄道は東武鉄道太田駅からたすき状に4方向へと路線が伸び、県内東部(東毛)の交通の要衝の1つとなっている。特急りょうもうが太田駅と藪塚駅(一部木崎駅に停車)に停車し、浅草駅まで運行されているが、都心への接続があまりよろしくない。そのため、北千住駅で東京メトロ(日比谷線・千代田線・半蔵門線)に乗り換える人も少なくない。また、所要時間が浅草まで約80分で、なおかつ特急料金も含まれて2,000円以上もするため、熊谷駅や籠原駅からJR高崎線を利用する市民もいる。(熊谷から東京駅まで約70分・新宿駅まで約65分、共に1,140円) 2007年までは市内には高速道路がなく、市民は東北自動車道・館林ICや佐野藤岡IC、関越自動車道・東松山IC、北関東自動車道・伊勢崎ICなど近隣のインターチェンジを利用していたが、2008年3月8日には北関東自動車道が太田桐生ICまで延伸し、高崎JCTで関越自動車道に接続できる様になり、長野県(藤岡JCTで上信越自動車道経由)や新潟県にも短時間で行くことができるようになった。さらに、2011年3月19日には太田桐生ICと佐野田沼IC間が開通し同自動車道は全線開通となり岩舟JCTで東北自動車道との接続も可能になり、東北地方や茨城県に行くことができるようになった。しかし都心へは、花園ICや東松山ICから関越道、館林ICから東北道を利用した方が速い場合もある。勿論、一般道で1時間もかかる前橋市や高崎市へも30分ほどで行けるようになった。更に2014年には東毛広域幹線道路(国道354号)の全線開通により 県内東西交通の利便性が増し、2016年には市内西部を南東から北西に通る国道17号 上武道路が全線開通し、東京都心や埼玉県方面と関越自動車道渋川伊香保ICへのアクセスの利便性の向上と伊香保温泉へのアクセスも向上した。
道路
高速道路
北関東自動車道
* 太田藪塚IC(大原町)
* 太田強戸PA/スマートIC(成塚町・大鷲町・北金井町)
* 太田桐生IC(東今泉町)
一般国道
国道17号(上武道路)
国道50号
国道122号
国道354号 (東毛広域幹線道路)
国道407号
主要地方道
群馬県道2号前橋館林線
群馬県道14号伊勢崎深谷線
群馬県道38号足利千代田線
群馬県道39号足利伊勢崎線
群馬県道68号桐生伊勢崎線
群馬県道69号大間々世良田線
群馬県道78号太田大間々線
県道
群馬県道128号佐野太田線
群馬県道142号綿貫篠塚線
群馬県道254号毛里田坂西線
群馬県道256号竜舞山前停車場線
群馬県道275号由良深谷線
群馬県道276号新堀尾島線
群馬県道292号伊勢崎新田上江田線
群馬県道294号国定藪塚線
群馬県道298号平塚亀岡線
群馬県道301号妻沼小島太田線
群馬県道311号新田上江田尾島線
群馬県道312号太田境東線
群馬県道313号太田大泉線
群馬県道314号古戸館林線
群馬県道315号大原境三ツ木線
群馬県道316号太田桐生線
群馬県道319号藪塚停車場線
群馬県道321号金山城址線
群馬県道323号鳥山竜舞線
群馬県道332号桐生新田木崎線
群馬県道341号太田熊谷線
市道
太田市道太田環状線
ラフィエット通り
バーバンク通り
道の駅
道の駅おおた
鉄道
市内には東武鉄道が3路線(4方面に)走っているが、太田駅から下りの列車はすべてワンマン運転となっており、昼間は乗客も少ない。前述の通り自動車への依存度が高いためか、市内を通る東武桐生線沿線民のうち年に一度も鉄道を利用しない層が約6割に上るという 市内にある東武鉄道の駅は9駅で、栃木県日光市の12駅に次ぎ2番目に多い。また、同じ市内に東武鉄道の路線が3路線ある自治体は本市と同県の館林市のみである。 人口20万人以上の特別区および市の中でJRの駅が無いのは太田市の他に、茨城県つくば市、埼玉県春日部市、埼玉県草加市、東京都世田谷区、東京都目黒区、東京都文京区、東京都練馬区、東京都調布市、東京都西東京市、神奈川県大和市、神奈川県厚木市、愛知県豊田市、大阪府豊中市、沖縄県那覇市がある。これらは目黒区・文京区・大和市を除きJRの鉄道路線自体が通らないことも共通する。 かつて旧太田町時代には、中島飛行機の計画として「太田町を中心とする電車環状線構想」があった『太田市史』通史編・近現代、pp.746-747。宝泉村由良・藤阿久地区に住宅1000戸が完成するため太田・宝泉間に電車線を敷き、ゆくゆくは尾島-沢野-小泉-太田を結ぶ環状鉄道計画であった尾島町は中島知久平の出身地であり中島飛行機の工場があった「上毛新聞」1938年(昭和13年)11月3日付。しかし東武鉄道小泉線が実現したため夢の環状線となった。 東武鉄道 thumb|right|200px|太田駅北口 : 伊勢崎線 :* 太田駅 -(浅草方面)韮川駅 :* 太田駅 - (伊勢崎方面)細谷駅 - 木崎駅 - 世良田駅 : 桐生線 :* 太田駅 - 三枚橋駅 - 治良門橋駅 - 藪塚駅 : 小泉線 :* 竜舞駅 - 太田駅
バス
かつては市内に東武バスの路線が複数あったが、現在は東武鉄道系の朝日自動車(太田営業所)による太田駅 - 熊谷駅の路線があるのみである。 現在は、太田市が主体となり路線バス・シティライナーおおた(市内にある矢島タクシーに運行を委託)のほか、デマンドバス(予約制バス)「おうかがい市バス」、市営無料バスを運行している。 そのほかBUSターミナルおおたから各地への長距離バスなどがある。 路線バス
太田駅南口 - 熊谷駅正面口(朝日自動車)
おおたCityシャトル500 太田駅南口 - BUSターミナルおおた - 熊谷駅南口(矢島タクシー)
新幹線のダイヤに対応しており、最終の新幹線(下り)にも接続している。
太田駅南口 - イオンモール太田(矢島タクシー)
太田駅北口 - 新田暁高校(市営・シティライナーおおた)
太田駅北口 - 尾島歴史公園(市営・シティライナーおおた)
太田駅北口 - 市内循環線(市営・シティライナーおおた)
太田記念病院 - 本島病院前 - 太田駅北口 - イオンモール太田 - 邑楽町役場(邑楽町公共バス)
太田記念病院 - 本島病院前 - 太田駅南口 - BUSターミナルおおた - 大泉町役場 - 千代田町役場(広域公共バスあおぞら)
おうかがい市バス(デマンドバス・矢島タクシーに運行委託) 市内全域で75歳以上の身体障がい者および重度の知的・精神障がい者を対象に運行する事前予約制の福祉バス。前日までに利用時間や目的地を告げて予約すると、自宅から市内の商店・病院、最寄り駅などまで送迎してくれる。一見、コストがかかりそうなシステムだが、朝夕はスクールバスを運転する運転手が昼間おうかがい市バスを運転するなど別の事業との組み合わせで無駄を廃している。 当初は無料で運行していたが、2012年4月に片道100円に当初は片道300円で利用可能区域をゾーン区分とする計画があった。 有料化。所定の条件を満たす交通弱者に拡大してハードルを下げた一方で、所定の停留所(自宅近くおよび目的地近く)を指定する形になった。 市営無料バス 2018年4月1日運行開始。スクールバスの車両を使用する。
西バス:藪塚駅 - ジョイフル本田新田店 - 木崎駅南口 - 尾島温泉利根の湯
東バス:イオンモール太田 - 竜舞駅南口 - BUSターミナルおおた
BUSターミナルおおた発着の長距離バス路線
成田空港ゆき「メープル号」
羽田空港ゆき「エアポートリムジン」
名古屋・金沢・京都・大阪ゆき「シルクライナー」
仙台ゆき「仙台ライナー」

経済

産業
主な事業所
「スバル」のブランド名で知られるSUBARUの企業城下町として有名。SUBARUの社員および家族が多く、市内の企業もスバル車を使用しているところが多い。市内にはSUBARUおよびその系列企業の工場が多数点在している。 NECパーソナルコンピュータの前身のNEC群馬はNECのデスクトップパソコンと周辺機器を開発生産していた。主力はPC-9800シリーズであった。ミシュラン太田サイトは、欧州、米国、日本と世界に3か所ある研究開発センターのひとつである。 更に2008年3月8日には北関東自動車道・太田桐生ICと太田藪塚ICが開通し、両インター周辺にも工場等が進出している。
SUBARU群馬製作所(スバル町)、同群馬製作所矢島工場(庄屋町)
三菱電機群馬製作所(岩松町)
サッポロビール群馬工場(新田木崎町)
サッポロビール群馬焼酎工場(世良田町)
日野自動車新田工場(新田早川町)
澤藤電機(新田早川町)
AGF関東(世良田町)
キッコーマン群馬工場(世良田町)
明電舎太田事業所(西新町)
コクヨ群馬工場(新田反町町)
ミシュラン(植木野町)
オギハラ(高林寿町)
イチタン(新道町)
モメンティブ・パフォーマンス(旧称:GE東芝シリコーン)太田事業所(西新町)
NECパーソナルコンピュータ(旧称:NECパーソナルプロダクツ)(西矢島町)
センコー北関東ロジスティクスセンター(新田大町)
工業団地
東部工業団地(東新町地内)(UDトラックス、三和シヤッター工業など)
西部工業団地(西新町地内)
尾島工業団地 (世良田町地内)(ボッシュ、サンノーバ)
尾島第二工業団地(世良田町地内)(味の素AGF、キッコーマン)
新田中部工業団地(新田木崎町、新田反町町地内)(コクヨ、王子製鉄)
新田西部工業団地(新田早川町地内)(日野自動車、澤藤電機)
藪塚工業団地(大原町地内)
商業
スーパーマーケット「フジマート」・「マルシェ」・居酒屋チェーンの「いっちょう」などを展開するフレッシュコーポレーション本社が市内にある。 ショッピングモール
イオンモール太田(旧・イオン太田ショッピングセンター)(石原町、2003年(平成15年)12月5日開店“イオン太田ショッピングセンター12月5日(金)グランドオープン 群馬県太田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年12月1日))
パワーモールおおた(飯塚町)
ニコモール新田(新田市野井町)
太田東ショッピングモール(植木野町)
下田島ショッピングモール(下田島町、2004年(平成16年)12月21日開店“太田下田島ショッピングモール 昨年12月21日オープン 群馬県太田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年1月20日))
小舞木ショッピングセンター(小舞木町)
スーパーマーケット
イオン太田店(イオンモール太田内、石原町)
Aコープブレイス(新田市野井町)、新田店(新田早川町)
ベイシア 尾島店(安養寺町)、おおたモール店(パワーモールおおた内、飯塚町)
トライアル 太田由良店(由良町)
とりせん 太田新井店(新井町)、東矢島店(東矢島町)、下田島店(下田島町)“とりせん下田島店 来春1月12日オープンへ 群馬県太田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2004年6月28日)、城西の杜店(城西町)“とりせん城西の杜ショッピングモール 10月8日オープンめざす 群馬県太田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年3月15日)、大原店(大原町)“とりせん大原店 群馬県太田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2009年2月23日)
フレッセイ 宝泉店(宝町)、鳥山店(鳥山上町)
アバンセ藪塚店(大原町)
コープぐんま 新井店(新井町)、藪塚店(大原町)
ヤマグチ太田韮川店(台之郷町)
ヤオコー太田小舞木店(小舞木町、2007年(平成19年)4月6日開店“ヤオコー太田小舞木店 4月6日オープン 群馬県太田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年5月14日))
ベルク 竜舞店(竜舞町)、太田植木野店(植木野町)“ベルク、マツモトキヨシ、西松屋チェーン 太田植木野モール 来年8月6日開店めざす 群馬県太田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年12月26日)
ホームセンター
ジョイフル本田 新田店(新田市野井町)
カインズホーム (おおたモール店(パワーモールおおた内、飯塚町)
ビバホーム 藪塚店(大原町)
コメリハードアンドグリーン 新田店(新田木崎町)、太田大島店(大島町)
ニトリ 太田店(南矢島町)
ディスカウントストア
ドン・キホーテ 太田店(飯田町)
家電量販店
コジマ 太田店(西本町)
ヤマダ電機 テックランド太田飯田町店(飯田町)
PC DEPOT 太田店(飯塚町)
ベイシア電器 おおたモール店(パワーモールおおた内、飯塚町)
ケーズデンキ 太田店(高林寿町)
映画館
イオンシネマ太田(イオンモール太田内、石原町)
金融機関
群馬銀行 太田支店、太田中央支店、太田西支店、韮川支店、新田支店、尾島支店、大原支店など
足利銀行 太田支店、太田南支店など
東和銀行 太田支店、太田西支店、高林支店
栃木銀行 太田支店
ゆうちょ銀行 太田店
三井住友銀行 太田支店
ブラジル銀行 群馬支店…2014年8月1日廃店
アイオー信用金庫 太田営業部 藤阿久支店 高林支店 韮川支店 新田支店
桐生信用金庫 太田支店など
しののめ信用金庫 藪塚支店
東群馬信用組合
あかぎ信用組合 太田支店 新田町支店

観光

明治以降も金山大光院は各地からの行楽客で賑った。東京から郊外電車が走る目的地の1つだった。古墳時代の東国文化、『太平記』や建武の新政への影響、徳川の発祥、高山彦九郎の幕末の志士への影響などの史実がある。 SUBARUの企業城下町であることから、同社にちなんだ「スバル最中」(伊勢屋) 近年では、太田市内に焼きそば店が多く営業することから、市の観光協会では「焼きそばの街」としての売り込みを始め、太田焼きそばとして知られている。 市内には数々の史跡があり、「歩け歩け大会」が開催されている。 太田市北部運動公園は春季には芝桜が、秋季から冬季にかけてイルミネーションが見られ、北関東自動車道からも一望できる。
史跡・名所
thumb|right|太田吉沢ゆりの里(現存しない) 市内全体に史跡が点在しているが、特に尾島地域は「徳川氏発祥の地」と呼ばれ世良田東照宮などの史跡があり、「尾島歴史公園」がある。縁切寺満徳寺も世界で2つしかない縁切寺として海外のマスコミに取り上げられている。
新田金山城(国史跡)
金山-市中心部にそびえる山
大光院(金山町)
世良田東照宮(世良田町)
長楽寺(世良田町)
太田市立新田荘歴史資料館(世良田町)
太田市立縁切寺満徳寺資料館(徳川町)
太田市立藪塚本町歴史民俗資料館(藪塚町)
太田市立高山彦九郎記念館(細谷町)
太田市立大隅俊平美術館
反町薬師(新田反町町)
生品神社(新田市野井町)
冠稲荷神社(細谷町) - ボケの花が有名
太古庵 – 1938年開館の博物館
世良田八坂神社(世良田町)公式
八坂神社 (太田市)
天神山古墳(内ケ島町)
太田吉沢ゆりの里(吉沢町) - 主にイノシシの食害による壊滅的な被害により
レジャー・歓楽街
ぐんまこどもの国
八王子農園
三日月村
カンケンプラザWOW(かつて太田コロナワールドがあったが、2012年3月で閉鎖。同4月にNEXUSが太田スマイルタウンとしてリニューアル)
ジャパンスネークセンター
スバルビジターセンター
南一番街
温泉
やぶ塚温泉(藪塚町、藪塚本町地域)
温泉施設
太田金山温泉・安眠の湯(下小林町、太田地域(イオンモール太田に隣接))
ユーランド新田(新田金井町、新田地域)
尾島・利根の湯(備前島町、尾島地域)
天然温泉 湯楽部(植木野町、太田地域(旧コロナの湯、太田スマイルタウン内))
特産物
スバル最中(太田地域)
小玉すいか(藪塚本町地域)
やまといも(尾島地域)
イベント
おおた芝桜まつり(4月上旬-5月上旬) 東日本最大級の100万本の芝桜が植えられ観光地として定着しつつある。
八瀬川桜まつり(4月上旬)
太田まつり(7月第3土曜・日曜)
新田まつり(8月第2土曜・日曜)
藪塚まつり(8月第1土曜)
尾島ねぷたまつり(8月14日・15日)
航空ページェント(尾島町地域)(11月3日)
出雲神社えびす講(伊佐須美神社境内)(11月19日・11月20日)

スポーツ

毎年1月1日に行われる全日本実業団対抗駅伝大会(ニューイヤー駅伝)は伊勢崎市から国道354号を経由して太田市役所本庁舎前が第4中継所(4区→5区)となっており、県道太田桐生線を経由して桐生市に抜けるコースをとる。
スポーツチーム
SUBARU陸上競技部 - ニューイヤー駅伝への出場と地域社会の活性化への貢献を目的として1998年6月に太田市を拠点に結成されたものである。
SUBARU硬式野球部(旧:富士重工業硬式野球部) - 1953年に創部。太田市に本拠地を置く社会人野球の企業チーム。練習グラウンドは太田市運動公園野球場。
太田球友硬式野球倶楽部 - 太田市に本拠地を置く社会人野球のクラブチーム。
パナソニック ワイルドナイツ(旧:三洋電機ワイルドナイツ) - ジャパンラグビートップリーグに加盟する三洋電機のラグビー部。本拠地は邑楽郡大泉町だが、練習グラウンドを太田市内に置いている。

教育

教育委員会本部は尾島庁舎内にある。
大学・短期大学
関東学園大学(藤阿久町)
群馬大学太田キャンパス 工学部(2008年度開設、本町)
専修学校・その他
太田情報商科専門学校(東長岡町)
太田医療技術専門学校(東長岡町)
太田自動車大学校(東金井町)
太田高等看護学院(八幡町)
高等学校
群馬県立太田高等学校(西本町)
群馬県立太田女子高等学校(八幡町)
群馬県立太田東高等学校(台之郷町)
群馬県立太田工業高等学校(茂木町)
群馬県立太田フレックス高等学校(下田島町)
群馬県立新田暁高等学校(新田大根町)
太田市立太田高等学校(細谷町)
私立ぐんま国際アカデミー高等部(内ヶ島町)※小中高併設
私立常磐高等学校(飯塚町)
中学校
太田市立西中学校(八幡町。太田小・鳥之郷小通学区域)
太田市立東中学校(飯塚町。中央小・九合小通学区域)
太田市立北中学校(熊野町。太田東小・韮川西小通学区域)
太田市立南中学校(高林北町。沢野小・沢野中央小・南小通学区域)
太田市立旭中学校(飯塚町。旭小通学区域)
太田市立城西中学校(新野町。城西小・宝泉東小通学区域)
太田市立城東中学校(韮川町。韮川小・駒形小通学区域)
太田市立休泊中学校(龍舞町。休泊小通学区域)
太田市立宝泉中学校(宝町。宝泉小・宝泉南小通学区域)
太田市立毛里田中学校(矢田堀町。毛里田小通学区域)
太田市立強戸中学校(石橋町。強戸小通学区域)
太田市立尾島中学校(亀岡町。尾島小・世良田小通学区域)
太田市立木崎中学校(新田木崎町。木崎小通学区域)
太田市立綿打中学校(新田上田中町。綿打小通学区域)
太田市立生品中学校(新田市野井町。生品小通学区域)
太田市立藪塚本町中学校(大原町。藪塚本町小・藪塚本町南小通学区域)
太田市立太田中学校(細谷町)※太田市立太田高等学校との間で併設型中高一貫教育を行っている。
私立ぐんま国際アカデミー中等部(内ヶ島町)※小中高併設
小学校
太田市立太田小学校(本町)
太田市立中央小学校(飯田町)
太田市立九合小学校(飯塚町)
太田市立太田東小学校(東本町)
太田市立宝泉東小学校(藤久良町)
太田市立旭小学校(飯塚町)
太田市立韮川西小学校(安良岡町)
太田市立韮川小学校(台之郷町)
太田市立鳥之郷小学校(大島町)
太田市立沢野小学校(福沢町)
太田市立沢野中央小学校(富沢町)
太田市立城西小学校(鳥山下町)
太田市立宝泉小学校(由良町)
太田市立宝泉南小学校(中根町)
太田市立休泊小学校(龍舞町)
太田市立南小学校(高林東町)
太田市立駒形小学校(矢場新町)
太田市立毛里田小学校(矢田堀町)
太田市立強戸小学校(石橋町)
太田市立尾島小学校(亀岡町)
太田市立世良田小学校(世良田町)
太田市立木崎小学校(新田木崎町)
太田市立綿打小学校(新田大根町)
太田市立生品小学校(新田村田町)
太田市立藪塚本町小学校(大原町)
太田市立藪塚本町南小学校(六千石町)
私立ぐんま国際アカデミー初等部(西本町)※小中高併設
かつて存在した大学・短期大学、専門学校
群馬農林専門学校 (旧制)(熊野町、1946年開校、1947年廃校)→紅陵大学専門学校→紅陵大学(現拓殖大学)短期大学(小泉町、1948年開校、1955年閉校)『太田市史』、p.961
群馬松嶺福祉短期大学(内ケ島町、2011年廃校)
かつて存在した高等学校
私立新田農業高校(木崎町、1948年開校)→新田農業高校(1951年閉校)『太田市史』、p.955-956
私立金山高等家政女高校(太田町。1948年開校)→金山高等学校(1952年閉校)『太田市史』、p.955-956
特別支援学校
太田市立太田養護学校(藤阿久町)
群馬県立太田高等養護学校(藤阿久町)
研修施設
東毛少年自然の家(藪塚町)

著名な出身者

歴史上の人物
高山彦九郎(江戸時代の尊王思想家)
政治家・経済人
荒井正昭(オープンハウス創業者)
大澤正明(八代目・群馬県知事)
大谷秀之(実業家)
柿沼正明(衆議院議員-民主党、財務金融委員会理事、政治倫理の確立および公職選挙法改正に関する特別委員会委員、元みずほコーポレート銀行員)
小山五郎(元三井銀行会長)
渋沢市郎(子爵・渋沢栄一の妹婿、旧姓・須永、埼玉県会議員)
澁澤金三郎(三菱銀行取締役)
初代澁澤金蔵(質商、政治家)
二代澁澤金蔵(群馬県多額納税者、銀行家)
三代澁澤金蔵(群馬県多額納税者、貴族院議員)
清水聖義(太田市長)
須永好(衆議院議員)
須永徹(衆議院議員)
戸澤久夫(元太田市長)
中島知久平(衆議院議員-立憲政友会革新派総裁、SUBARUの前身である中島飛行機の創立者)
中島源太郎(衆議院議員-自由民主党-元文部大臣)
葉住利蔵(衆議院議員-立憲政友会)
伏島近蔵(実業家)
武藤金吉(衆議院議員-立憲政友会、上野新聞社長)
学者
斎藤功(地理学者、旧新田町出身山下清海(2014)"斎藤 功先生のご逝去を悼む"地理学評論(日本地理学会).87(4):351-352.(351ページより))
文化人
田中純一郎 - 松倉寿一(元キネマ旬報編集長、映画史家)
大隅俊平(日本刀人間国宝)
山田久美(女流棋士)
ちば拓(漫画家)
ほるまりん - 高柳裕一(漫画家)
伊平崇耶(日活プロデューサー、構成作家)
対比地一正(コンテンポラリーアーティスト)
今井一隆(演出家)
岐部昌幸(構成作家)
芸能人
内田彩(声優)
岡田浩暉(俳優)
翁家さん馬(落語家)
片岡千恵蔵(俳優)
桐生かほる(元女優)
ざわちん(AKB48・板野友美のそっくりタレント)
柳家せん八(落語家)
清水依与吏(ミュージシャン、back numberのVocal&Guitar)
TARAKO(声優、ちびまる子ちゃんの「さくらももこ」役)
DE DE MOUSE - 遠藤大介(音楽家)
平田弥里(タレント、グラビアアイドル)
ほずにゃむ(『小悪魔ageha』)
三國連太郎(俳優、出生地)
岡部武志(音楽プロデューサー、(芸能事務所ONEtoONE Agency、CANDY GO!GO!、アンダービースティー らが所属)、作詞家 、作曲家 )
松下桂子(「しじみとさざえ」のしじみ)
舞雛かのん(元宝塚歌劇団月組娘役)
スポーツ選手
正田樹(投手)
室田淳(プロゴルファー)
岡部幸雄(元騎手)
怨霊(プロレスラー、666所属)
高橋秀聡(元プロ野球・福岡ソフトバンクホークス・オリックス・バファローズ投手)
中山慎也(元プロ野球・オリックス・バファローズ投手)
斎藤佑樹(プロ野球・北海道日本ハムファイターズ投手)
周東佑京(プロ野球・福岡ソフトバンクホークス内野手)
高田裕司(アマチュアレスリング)
森田あゆみ(テニス・北京オリンピック出場)
中里麗美(陸上競技中・長距離走・マラソン選手)
ラトゥクルーガー(ラグビー選手・パナソニック ワイルドナイツ)
アナウンサー
中村昌秀(東海テレビ放送)
越塚優(NHKアナウンサー)
その他
小暮理太郎(登山家)
吉田俊明(Togetter開発者)
ゆかりのある人物
新田義貞(鎌倉時代の武将)
世良田義季(徳川将軍家の遠祖)
彦狭島王 - 上古の上野国守により八幡山古墳(八幡町)頂上の神社に祀られ後に八幡宮を合祀。
源義国 - 晩年まで居住。
新田義重 - 新田荘を継ぎ開発し下司職をした。祖とする家系が多い。源義家の孫。
国良親王 -
徳川家康 - 先祖を供養するため大光院を建立。
呑龍 -
天海 - 居住?し長楽寺を天台宗に改宗し住職をした。
新井白石 - 先祖代々が新井町(かつては荒居、荒井、新井村)出身。
生田万 - 居住し大門通りに私塾厚載館を開く。直後に生田万の乱を起こす。館林藩出身。
糸川英夫 - 八幡町に居住し中島飛行機太田製作所で九七式・隼・鍾馗等の設計に携わり実験室で独力でジェットエンジンを開発した。
三島由紀夫 - 学徒勤労動員で中島飛行機小泉製作所付属東矢島寮(末広住宅)に入寮。
百瀬晋六 - 晩年まで居住。富士重工技術者。
梅津智史(テレビ東京経済部記者、出生地)
笹川博義(政治家・自民党衆議院議員、元群馬県議会議員) - 住所が太田市小舞木町県議会議員プロフィール 笹川博義 自民党群馬県支部連合会。2015年12月25日閲覧。。

公共施設

警察
太田警察署
消防
太田市消防本部
ラジオ局
おおたコミュニティ放送

市が登場・関連する作品

三太郎頑張る
大魔神
市出土の国宝『埴輪 挂甲武人』がモデル。
大激闘マッドポリス'80
オープニングタイトルバックと第1話のアクションシーンを旧新田町内の廃車処理場で撮影。
太平記 (NHK大河ドラマ)
リリイシュシュのすべて
真夜中の弥次さん喜多さん
アンフェア the movie
カイジ
放課後のプレアデス
作中に登場するバス停留所の地名(スポンサーであるスバルの工場名の矢島、太田北、大泉)として登場。
群青色の、とおり道
太田市合併10周年記念映画。

太田市の近くの未分類

近くの未分類はありません。

太田市の近くのモノ

何を探しますか?

     
   

駅名から検索

現在位置から検索

※GPS情報を使用します
詳細検索はこちら