高崎市(未分類)

マップアプリで開く

タグ情報

email
kouhou-t@city.takasaki.gunma.jp
fax
027-327-6470
is_in
群馬県
is_in:continent
Asia
is_in:country
Japan
is_in:country_code
JP
name:ar
تاكاساكي
name:de
Takasaki
name:es
Takasaki
name:fr
Takasaki
韓国語名
다카사키시
name:pl
Takasaki
name:ru
Такасаки
name:uk
Такасакі
電話番号
027-321-1111
place
city
population
370176
population:date
2017
外部URL
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/jpgis/datalist/KsjTmplt-N03.html
ウェブサイト
http://www.city.takasaki.gunma.jp/
wikidata
Q336438

この場所の口コミ

口コミを投稿する

高崎市って

高崎市(たかさきし)は、関東地方の北西部、群馬県中部よりやや南西に位置する中核市。1900年(明治33年)の市制施行当時の区域は旧:群馬郡。現在の市域は、旧:群馬郡・碓氷郡・甘楽郡・多野郡(多胡郡・緑野郡)の区域で構成される。中核市に指定されており、群馬県内では最大の人口を擁する都市である。
引用:Wikipedia

概要

古くから交通の要衝で、中山道(国道17号・国道18号)と三国街道(群馬県道25号高崎渋川線)の分岐点、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、上越新幹線と北陸新幹線の分岐点になるなど、全国有数の交通拠点都市である。新幹線の停車する高崎駅は群馬県の県庁所在地前橋市の玄関口ともなっており、群馬県の交通の中心地である。平成の大合併では、倉渕村、箕郷町、群馬町、新町、榛名町、さらには吉井町を編入し、広大な市域に県内一の人口を擁するようになった。都市圏人口は約53万人で、都市圏人口としては県内一の規模であるただし、中堅都市が近距離に点在する群馬県においては、この数値をもって都市の規模を測るのは難しい。。公示地価では、高崎市が商業地・住宅地とも県内最高地点を占めている。市の中心地域(中心市街地)は旧群馬郡高崎町を中心とする地域である。 江戸時代には高崎藩の城下町として、中山道69次中4番目に規模が大きい宿場町として、また物資の集散地・商業のまちとして大いににぎわった。街道筋の田町、本町、新町(現:あら町)などに市が立ち、その様子は「お江戸見たけりゃ高崎田町、紺ののれんがひらひらと」と詠われたほどである。鍛冶町には鍛冶職人が、鞘町には刀の鞘師が、白銀町には金銀細工師らが住み、当時の職人の町は今も町名として留めている。 現代でも県内有数の商業都市として盛えている。また、高崎郊外に位置する問屋町は、日本初の郊外型問屋団地である。 政治的には、本市から自民党の政治家(総理大臣については本市から3名)を多く出しており、「自民王国」としても有名である 日本一のだるまの産地であり、国道18号沿いにはだるまの生産工場が集中している。また、数少ないオーケストラのある地方都市であり、高崎マーチングフェスティバルが開かれるなど、音楽に関する活動が盛んであることから、高崎市は「音楽のある街」と名乗っている。また、高崎フィルム・コミッションにより、ドラマ・映画・プロモーションビデオ等の撮影を誘致しており、しばしば高崎の市街地や学校などが登場する。毎年、高崎映画祭を開催するなど、音楽以外の芸術・文化活動も盛んである。 また、昭和40年代の上越新幹線ルート発表を契機に市が主導となっておこなった再開発事業などは30にもおよぶ。 毎年元日に行われる全日本実業団対抗駅伝大会では、高崎市役所が1区と2区の中継地点となっている。 ;高崎市のシンボル
市の花 - ハクモクレン、桜
市の鳥 - ウグイス
市の木 - ケヤキ、カシ
;高崎市の宣言・憲章
地球市民宣言
生涯学習都市宣言
いきいき長寿社会憲章
ゆとり創造都市宣言
核兵器廃絶平和都市宣言
交通安全都市宣言
身体障害者福祉モデル都市宣言

地理

thumb|380px|高崎市中心部周辺の空中写真。1986年撮影の14枚を合成作成。
thumb|380px|高崎白衣大観音から望む高崎市 関東平野の北西部に位置している。西端は長野県北佐久郡軽井沢町、東端は前橋市に接しており、群馬県南西部をほぼ横断する形になっている(飛地があるため、完全に横断する形ではない)。 市内から赤城山・榛名山・妙義山の上毛三山を望むことができる。特に榛名山の南面は、大部分が市域に含まれる。 また市内には、利根川・烏川・碓氷川など、大きな一級河川が流れている。特に烏川は、流域のほとんどが市域に含まれている。 また、海岸より100km以上離れた内陸に位置するにもかかわらず、中心市街地の標高は97.1m(高崎市役所)と低い高崎市ウェブサイト http://www.city.takasaki.gunma.jp/gaiyou/access.htm による。また、市の北部及び西部には標高1000m以上の地点も存在し、倉渕町川浦の浅間隠山にある東吾妻町及び、長野原町との境界では標高1690m、新町の烏川河川敷の標高60mと標高差が1630mもある国土地理院, 地形図による。
市勢
概要
面積:459.41km2
(2009年10月1日現在)
総人口:375,919人
男性:185,244人
女性:190,675人
人口密度:818人/km²
世帯数:154,080世帯
人口
隣接している自治体
群馬県
前橋市
安中市
藤岡市
渋川市
富岡市
甘楽郡甘楽町
北群馬郡榛東村
佐波郡玉村町
吾妻郡東吾妻町
吾妻郡長野原町
埼玉県
児玉郡上里町
長野県
北佐久郡軽井沢町
中心市街地
thumb|right|200px|木曾街道六拾九次 高崎(歌川広重画) 高崎市の中心市街地は、およそJR高崎線とJR信越本線、国道17号で囲まれた地域である。この地域は江戸時代以来の城下町であったとともに、中山道の宿場町でもあった。市役所を始めとする主要な行政機関や文化施設、公共施設、また数多くの商店街や金融機関、大型商業施設、宿泊施設などがこの地域に立地している。ただ、近年は高崎駅の東側にも商業施設や文化施設などが進出してきている。
高崎駅西口
: 西口にはペデストリアンデッキが設置されている。 サムネイル|高崎高島屋
= 高崎駅西口北
= ペデストリアンデッキ(慈光通り)に沿って大型商業施設や百貨店が並ぶ。
高崎OPA
高崎髙島屋
モントレー
アニメイト高崎
ウエストパーク1000
ホテルメトロポリタン高崎
= 高崎駅西口南
= ペデストリアンデッキは駅前のみである。ホテルが多い。
高崎ワシントンホテルプラザ
アパホテル高崎駅前
東横イン高崎駅西口
駅前駐車場
高崎市美術館
高崎アリーナ
= 高崎駅西口西
= 東二条通り沿いには居酒屋を含め店舗がいたるところに存在している。
ラジオ高崎
西口名店街(田町通り)
サムネイル|スズラン高崎店(写真は別館で、2018年1月に閉館)
= 高崎城址地区
= 官公庁が多く集まっている。
高崎公園
高崎市役所
高崎中央銀座商店街
さくら橋通り
さやもーる
南銀座
スズラン百貨店高崎店
高崎市総合保健センター
高崎市中央図書館
NTT群馬支店
高崎郵便局
高崎総合医療センター
群馬音楽センター
thumb|200px|東口前に建つ高崎タワー21
高崎駅東口
: 東口にもペデストリアンデッキが設置されている。またそれに合わせて2010年12月12日に、高崎駅東口に商業施設のE’site高崎がオープンし、駅前広場の再編工事も実施されている。 :* 高崎市役所・東口広場工事について :* 高崎市役所・高崎駅東口ペデストリアンデッキについて : 東毛広域幹線道路の起点である。また、東口駅前から高崎玉村スマートIC(2014年2月供用開始)の区間に、公共車両優先システム(PTPS)を導入し、バスの定時運行を確保するための優先信号制御を行う予定。 : 2008年(平成20年)7月11日に、ヤマダ電機の都市型店舗LABI1 TAKASAKI(ラビワン・高崎)が日本国内最大級の家電量販店として誕生した。(同時に前橋市より同ビルにヤマダ電機本社屋を移転) : 2011年(平成23年)春には、群馬初の大原学園が開校した。 : 2012年(平成24年)8月、ココパルク800の西側平面駐車場に「高崎駅東口第八地区優良建築物等整備事業」による地上11階建ての再開発ビル(テナント・ホテルの複合ビル)「ココ・グラン高崎」が開業。 : 高崎競馬場跡地には将来、群馬県によるコンベンション施設整備基本計画があり、2020年の施設オープンを目指している。 210px|thumb|高崎問屋町駅
高崎問屋町駅周辺
: 高崎駅周辺の副都心的な位置付け。日本初の問屋街団地が造成され、商工会議所や群馬銀行高崎支店、ビエント高崎展示会館などが集まり、近年は、区画整理や新駅設置なども影響して、分譲マンションの建設や近隣でのニュータウン造成が活発化してきている。 : 2010年、高崎問屋町駅から西に約800mの敷地に、群馬パース大学の「高崎新キャンパス」が開校した。

気候

太平洋側気候と内陸性気候を併せ持つ。冬は西北西の乾燥した季節風が卓越し、降水量は少ない。ケッペンの気候区分では、温帯夏雨気候 (Cwa) に分類される。夏の日中は気温がかなり高くなり、その日の全国1位となる日もある。朝の気温は下がり、熱帯夜になることは稀である。最高気温記録は1998年7月4日に観測された40.3℃で、全国の観測地点の中では17番目の高さとなっている歴代全国ランキング。 なお、観測地点は高崎駅から約12km離れた榛名山麓の旧榛名町域に設置されている。 榛名山では降水量のみが観測されており、此方も夏雨気候に属する。

歴史

right|thumb|210px|高崎城 乾櫓
町村制施行当時の町村
旧・高崎市(平成の大合併前の高崎市)
群馬郡
旧・西群馬郡
* 高崎町 ← 高崎宮元町、高崎連雀町、高崎田町、高崎新町、高崎真町、高崎鎌倉町、高崎砂賀町、高崎鞘町、高崎白銀町、高崎元紺屋町、高崎羅漢町、高崎通町、高崎明石町、高崎十人町、高崎職人町、高崎檜物町、高崎鍛冶町、高崎下横町、高崎新田町、高崎南町、高崎新喜町、高崎龍見町、高崎若松町、高崎本町、高崎赤坂町、高崎常盤町、高崎歌川町、高崎四ツ谷町、高崎相生町、高崎住吉町、高崎嘉多町、高崎九蔵町、高崎高砂町、高崎新紺屋町、高崎寄合町、高崎中紺屋町、高崎柳川町、高崎堰代町、高崎山田町、高崎北通町、高崎弓町、高崎椿町、高崎高松町、下和田村、下並榎村、赤坂村および飯塚村の一部
* 佐野村 ← 上佐野村、下佐野村、佐野窪村、下之城村、下中居村、和田多中村、上中居村、新後閑村
* 倉賀野町(倉賀野駅が単独町制、現高崎市)
* 岩鼻村 ← 岩鼻町、矢中村、栗崎村、東中里村、台新田村、綿貫村
* 大類村 ← 上大類村、中大類村、下大類村、宿大類村、南大類村、柴崎村
* 滝川村 ← 上滝村、下滝村、滝村、西横手村、中島村、宿横手村、下斎田村、宇貫村、八幡原村、板井村
* 京ヶ島村 ← 島野村、京目村、元島名村、矢島村、西島村、大沢村、萩原村
* 新高尾村 ← 新保田中村、中尾村、新保村、日高村、鳥羽村
* 中川村 ← 小八木村、大八木村、正観寺村、井野村、浜尻村
* 塚沢村 ← 貝沢村、岩押村、高関村、江木村および飯塚村の大部分
* 六郷村 ← 筑縄村、上小鳥村、下小鳥村、上小塙村、下小塙村、上並榎村
* 長野村 ← 行力村、楽間村、菊地村、吾嶺村、浜川村、北新波村、南新波村、西新波村
碓氷郡
川間村 ← 八幡村、藤塚村、剣崎村、鼻高村、下大島村、町屋村、金井淵村、若田村
多野郡
旧・緑野郡
* 八幡村 ← 阿久津村、根小屋村、木部村、山名村
旧・群馬町
群馬郡
旧・西群馬郡
* 金古町 ← 金古村、足門村
* 堤ヶ岡村 ← 三ツ寺村、棟高村、中泉村、福島村、菅谷村
* 国府村 ← 引間村、稲荷台村、後引間村、冷水村、東国分村、西国分村、北原村、塚田村
* 上郊村 ← 生原村、保渡田村、中里村、井出村
旧・箕郷町
群馬郡
旧・西群馬郡
* 箕輪村 ← 西明屋村、上芝村、矢原村、東明屋村、金敷平村、松之沢村、下芝村
* 車郷村 ← 富岡村、善地村、和田山村、白川村
* 相馬村 ← 柏木沢村、広馬場村
* 上郊村 ← 生原村、保渡田村、中里村、井出村
旧・新町
多野郡
旧・緑野郡
新町 ← 新町駅
旧・倉渕村
群馬郡
旧・西群馬郡
* 倉田村 ← 三ノ倉村、権田村
碓氷郡
* 烏淵村 ← 川浦村、岩氷村、水沼村
旧・榛名町
群馬郡
旧・西群馬郡
* 室田村 ← 下室田村、中室田村、上室田村、榛名山村
* 久留馬村 ← 高浜村、本郷村、白岩村、十文字村、宮沢村、三子沢村、神戸村
碓氷郡
里見村 ← 中里見村、下里見村、上里見村、上大島村
旧・吉井町
多野郡
旧・多胡郡
吉井町 ← 吉井町、矢田村、池村、塩川村、長根村、下長根村、片山村、本郷村、小棚村
多胡村 ← 多胡村、塩村、神保村、高村、東谷村、大沢村
入野村 ← 小串村、黒熊村、深沢村、石神村、中島村、小暮村、馬庭村、岩井村、多比良村
甘楽郡
旧・北甘楽郡
* 岩平村 ← 上奥平村、下奥平村、岩崎村、坂口村
沿革
町村制施行前
慶長3年(1598年):井伊直政により、高崎城が建設される。
慶長9年(1604年):酒井家次高崎藩主となる。
元和5年(1619年):安藤重信高崎藩主となる。
寛永10年(1633年):徳川忠長高崎城内で自刃。
宝永7年(1710年):間部詮房高崎藩主となる。
享保2年(1717年):松平輝貞高崎藩主となる。以後明治維新に到るまで松平家が代々高崎藩主を勤める。
享保5年(1720年):高崎城下の町家数1,358軒・人口5,735人
寛政5年(1793年):農村復興を目的に岩鼻陣屋(代官所)が置かれる。
明治4年10月28日(1871年12月10日):廃藩置県で群馬県の県庁所在地となる。
明治5年6月15日(1872年7月20日):群馬県庁が高崎から前橋に移転する。
1873年(明治6年)6月15日:入間県と群馬県が合併し、熊谷県に置き換わる。県庁は熊谷に置かれた。
1876年(明治9年):再び群馬県に置き換わり、県庁も高崎に再設置される。
1881年(明治14年):県庁が前橋に移転する。
1884年(明治17年)5月1日:高崎線高崎駅開業。
高崎町
1889年(明治25年)4月1日 - 町村制施行により、西群馬郡 高崎宮元町、高崎連雀町、高崎田町、高崎新町、高崎真町、高崎鎌倉町、高崎砂賀町、高崎鞘町、高崎白銀町、高崎元紺屋町、高崎羅漢町、高崎通町、高崎明石町、高崎十人町、高崎職人町、高崎檜物町、高崎鍛冶町、高崎下横町、高崎新田町、高崎南町、高崎新喜町、高崎龍見町、高崎若松町、高崎本町、高崎赤坂町、高崎常盤町、高崎歌川町、高崎四ツ谷町、高崎相生町、高崎住吉町、高崎嘉多町、高崎九蔵町、高崎高砂町、高崎新紺屋町、高崎寄合町、高崎中紺屋町、高崎柳川町、高崎堰代町、高崎山田町、高崎北通町、高崎弓町、高崎椿町、高崎高松町、下和田村、下並榎村、赤坂村および飯塚村の一部の区域をもって西群馬郡高崎町が成立。
1897年(明治30年)9月10日:上信電鉄上信線開業。
高崎市
1900年(明治33年)4月1日:市制施行で高崎市となる。
1927年(昭和2年) 4月1日:群馬郡塚沢村・片岡村を編入。
1939年(昭和14年)10月1日:群馬郡佐野村を編入。
1945年(昭和20年):群馬交響楽団発足。
1951年(昭和26年)4月1日:群馬郡六郷村を編入。
1955年(昭和30年)1月20日:群馬郡新高尾村の大部分(一部は前橋市へ編入)・中川村・碓氷郡八幡村・豊岡村を編入。
1955年(昭和30年)8月1日:群馬郡長野村を編入。
1956年(昭和31年)9月30日:群馬郡大類村・多野郡八幡村を編入。
1957年(昭和32年)8月1日:群馬郡岩鼻村の一部(大字矢中・岩鼻・東中里・台新田)を編入。(大字綿貫・栗崎は群馬郡群南村へ編入した分村合併)
1957年(昭和32年)9月1日:下大類町(旧大類村の一部)を群馬郡群南村へ境界変更により編入。
1958年(昭和33年):開府360周年。
1963年(昭和38年)3月31日:群馬郡倉賀野町を編入。
1965年(昭和40年)9月1日:群馬郡群南村を編入。
1980年(昭和55年)7月17日:関越自動車道高崎ICが開通。
1982年(昭和57年)11月15日:上越新幹線高崎駅開業。
1989年(平成元年)10月1日:群馬郡箕郷町と境界変更。
1990年(平成2年):市制90周年。
1997年(平成9年)10月1日:北陸新幹線高崎 - 長野間部分開業。
2000年(平成12年):市制100周年記念式典挙行。記念キャラクターは「だるまる君」。
2001年(平成13年)3月31日:北関東自動車道が高崎JCT - 伊勢崎IC間で開通。
2001年(平成13年)4月1日:特例市に移行。
2004年(平成16年)10月23日:新潟県中越地震で、市役所所在地の高崎市高松町では震度5弱の地震を観測した。
2006年(平成18年)1月23日:群馬郡倉渕村・箕郷町・群馬町・多野郡新町を編入。
2006年(平成18年)10月1日:群馬郡榛名町を編入。
2006年(平成18年)10月10日:当市と安中市にご当地ナンバーとして「高崎ナンバー」が導入される。
2009年(平成21年)6月1日:多野郡吉井町を編入。
2010年(平成22年):市制110周年を迎える。
2011年(平成23年)3月11日:三陸沖で発生した東北地方太平洋沖地震で、市役所所在地の高崎市高松町では震度5強の地震を観測した。
2011年(平成23年)4月1日:群馬県では2番目となる中核市に移行。
都市名の由来
当初、高崎の地は「和田」と呼ばれていた。「高崎」という都市名の由来については、以下の伝承がある。 高崎城が和田城の跡に完成した際に、城主である井伊直政は、当地を「松ヶ崎」という名前に改めようと思った。そこで、その件を常日頃から信頼を寄せている箕輪の龍門寺の住職である白庵に話した。白庵は「もっともなことではありますが、諸木には栄枯あり、物には盛衰があるのは珍しいことではありません。殿様が、家康様の命を受けて和田の地に城を築いたのは権力の頂点に立った大名に出世されたからであります。そうであれば『成功高大』の意味を採って『高崎』と名付けた方がよいのではないでしょうか?」と言った。 白庵の含蓄ある言葉を聞いて喜んだ直政は、直ちに「和田」を「高崎」と改めた。そして白庵が箕輪から転住した龍広寺の山号に、「高崎」の2字を与え感謝の意を表した。
高崎市と群馬県庁
廃藩置県により明治4年10月(1871年12月)に誕生した群馬県の県庁は当初、高崎に置かれていた。しかし、県庁の建物は高崎城内にあり、軍事上の要地であったことから、翌年1月に政府の兵部省に接収されてしまった。当時の高崎には他に県庁舎として代用できる建物がなく、やむを得ず太政官に許可をもらい、県庁を前橋城内に移転した。この時は、高崎の住民も事情を察してか、大きな混乱が起こることはなかった。 だが、1873年(明治6年)に群馬県令(現在の群馬県知事)に就任した河瀬秀治は入間県(現在の埼玉県)の県令も兼任していたため、県庁のある前橋と川越のあいだ(距離にしておよそ100km弱)を頻繁に行き来しなければならず、業務に支障を来たした。政府はこの事情を考慮して、同年6月、群馬・入間両県を合併して熊谷県とした。熊谷県の県庁は熊谷に置かれたため、前橋は県庁所在地でなくなった。 ところが、政府が全国的に実施した府県の大規模統合により、3年後の1876年(明治9年)熊谷県がふたつに分割された。熊谷県の旧武蔵国の範囲が埼玉県に併合され、残りの範囲に栃木県からもらい受けた館林県をあわせて、再び群馬県が誕生し、県庁は高崎に戻った。しかし、以前県庁として使用していた高崎城は陸軍省(旧兵部省)に陣取られていたため、県庁舎に代用できる建物がなかった。とりあえず高崎にある安国寺を県庁舎としたが、手狭のために各課を分散配置して県政運営をしなければならず、業務は混乱を来たし、県令の責任問題にも発展しかねない状況に追い込まれた。 そのため、新たに群馬県令に就任した楫取素彦(吉田松陰の義弟にあたる)が、明治政府に前橋城内の建物を仮庁舎として使用させてもらえるよう交渉し、大久保利通内務卿の許可を取り付けた。高崎の住民に対しては、「県庁移転はあくまで一時的なものであり、地租改正の業務が終了すれば県庁を高崎に戻す」と約束して納得させた。 それから4年余りの歳月が経過し、前橋は政治の中心地としての機能が整いつつあり、経済力も備えていた。いまさら高崎に県庁を戻すメリットはないと判断した楫取県令は1880年(明治13年)11月に、住民にはあくまで内密にして松方正義内務卿に県庁舎を前橋に置きたいという旨の伺い書を提出した。そして翌年の1月、県庁を前橋に置くことが、太政官布告により正式に決定した。 高崎市民は突然の知らせに騒然となり、楫取県令の裏切り行為に激怒した数千人が県庁に押しかけ、あわや軍隊が出動する事態にまで発展したため、県庁移転問題は裁判にゆだねられることになった。 1882年(明治15年)3月に判決が下され、高崎住民の訴えは退けられた。これにより、県庁を前橋に置くことが確定したが、高崎の住民は納得したわけではなく、大正時代にも県庁移転運動が再燃した。しかしながら実現することはなく、ついに県庁が高崎にかえることはなかった文献は、浅井建爾・著「えっ?本当?!地図に隠れた日本の謎」(実業之日本社より2008年7月20日初版発行)による。。
「平成の大合併」について
第一次合併(群馬町・箕郷町・新町・倉渕村) 1997年(平成9年)以来、中核市への移行を目指して周辺市町村との合併を模索してきたが、2003年(平成15年)12月に倉渕村・群馬町・新町・吉井町と任意合併協議会を設置し、合併協議が本格化した。その後、吉井町は法定合併協議会設置案を否決して協議から離脱した。 箕郷町では住民投票の結果賛成多数となった事を受けて、群馬町・新町・倉渕村とは別に、高崎市との法定合併協議会を設置した。 その後、5市町村は同時合併を目指して合同で協議会を開き、2005年(平成17年)2月8日に合併協定の調印に至った。 2006年(平成18年)1月23日、倉渕村・箕郷町・群馬町・新町の4町村を高崎市に編入し、法定人口(合併市町村の2005年国勢調査人口の合算値)が318,097人となり、中核市への移行要件を満たすことになった。 この時点では榛名町が合併慎重派の町長と推進派が多い町議会の対立などで合併協議に加わらなかったため、旧倉渕村は飛地となった。また、旧新町も藤岡市などとの合併協議から離脱し、隣接していないが繋がりの深い高崎市との合併を選択したため、飛地となった。 なお、この合併によって住所表記が以下のように変更された。
旧高崎市はほぼ変更はないが、「高崎市新(あら)町」は新(しん)町地域と重複するため「高崎市あら町」に変更された。
旧群馬町は合併前の大字名の後に「町(まち)」が付いた。
例:群馬郡群馬町大字金古→高崎市金古町
旧箕郷町は「箕郷町」、旧倉渕村は「倉渕町」と高崎市の後に付き、その後に合併前の大字名が付いた。
例) 群馬郡箕郷町大字柏木沢→高崎市箕郷町柏木沢
例) 群馬郡倉渕村大字三ノ倉→高崎市倉渕町三ノ倉
旧新町は多野郡の部分が「高崎市」に変更された。
例) 多野郡新町→高崎市新町
第二次合併(榛名町) 榛名町では、2005年(平成17年)11月に合併推進派の住民が約7900名の署名を集めて慎重派の町長の辞職を請求し、町長はリコール投票前に辞職、これを受けた町長選挙の結果、2005年(平成17年)12月に合併推進派の町長が就任した。一方、慎重派の住民が起こした町議会リコールの住民投票でも「解散反対」が多数を占め、その後2006年(平成18年)2月に高崎市と榛名町は合併協議会を設置した。 高崎市と群馬町・新町・箕郷町・倉渕村との合併協定項目を榛名町が追認する形を取ったため、5月8日には合併協定調印にこぎつけ、両市町議会、群馬県議会の議決を経て、7月13日には総務大臣が官報に告示し、2006年(平成18年)10月1日に合併が行われた。 この合併により旧倉渕村域の飛地状態が解消され、高崎市の人口は約34万人と史上初めて前橋市の人口を上回り、県内で最も人口を抱える都市となった。同時に広大な市域を抱えたことから、人口密度は太田市に次いで県内第5位である。 なお、この合併によって旧榛名町の住所表記が、合併前の大字名の後に「町(まち)」が付く形に変更された。
例) 群馬郡榛名町大字下室田→高崎市下室田町
但し、大字榛名山地域は、地区住民の総意として榛名湖周辺の次の区域が合併と同時に高崎市榛名湖町に分割された。
字滝ノ平、氷室嶽、天神嶺、相馬嶽、沼ノ原、富士山及び榛名湖の区域
第三次合併(吉井町) 2003年(平成15年)に任意協議会が設置されたが、合併賛成と反対で町は二分し、合併の賛否を問う3度の住民投票が行われ、合併反対が多数を占めた町議会が合併に同意。2008年(平成20年)7月、高崎市と吉井町による合併協議会が設置され、2008年(平成20年)10月16日に高崎市長・吉井町長による合併協議項目の調印を完了させ、2009年(平成21年)1月8日高崎市が、1月13日吉井町がそれぞれ関連議案を可決し、2009年(平成21年)6月1日に合併が実現した。新市の人口は36万6966人、面積は459.36m2(2008年6月1日現在)に及ぶ。しかし、一部の合併反対派住民は合併関連祭典等への参加を拒んでおり、今後はこのしこりを取り除くことが課題となっている読売新聞2009年5月31日付朝刊地域面より。 なお、この合併によって旧吉井町の住所表記が以下のように変更された。
高崎市の後に「吉井町」と付き、その後に合併前の大字名が付いた。
例) 多野郡吉井町大字吉井川→高崎市吉井町吉井川
将来合併構想(前橋市・玉村町) 高崎市は2002年(平成14年)6月に玉村町に合併を呼びかけたが、2003年(平成15年)12月の任意合併協議会設立に玉村町は参加を見合わせた玉村町における市町村合併の取組経緯より。2007年(平成19年)にも玉村町の住民署名による直接請求に応じて、高崎市は合併協議会の設置を可決しているが高崎市議会議事録平成19年12月定例会より、玉村町では否決している。2008年(平成20年)1月20日に行われた玉村町長選では、高崎市との合併推進派と合併慎重派の一騎討ちとなったが、合併慎重派候補が当選している。 2007年(平成19年)10月に前橋市長から、高崎との合併による政令指定都市実現を構想する旨の発言があったが、歴史的経緯から根深い対立が互いの市にあることもあり、NIRA(総合研究開発機構)の対談シリーズ(第26回;2007年11月19日)において、松浦・高崎市長は「前橋との合併は極めて困難」であると語っている。 松浦高崎市長は、自らのホームページ上で、「高崎市は、高崎都市圏(玉村町・藤岡市・安中市)での広域合併を実現し、太平洋と日本海を結ぶ結節点として、新潟市やさいたま市等の政令指定都市に比肩しうる拠点都市を実現したい」旨を表明している。

姉妹都市・友好都市

高崎市では友好交流都市として国内1都市・海外5都市を挙げている
国内
*
2008年(平成20年)2月6日 - 友好交流都市提携
:将来、北陸新幹線の金沢延伸までを見据えて、両市で相互に観光協力などを行うことなどを目的として締結。(2015年に長野 - 金沢間が開業)
海外
1981年(昭和56年)7月1日 - 姉妹都市提携
:両都市のロータリークラブの交流や、バトルクリーク市に本社を置くケロッグ社の子会社工場が高崎にあることなどから交流が活発化。
1981年(昭和56年)10月2日 - 姉妹都市提携
:群馬県とサンパウロ州が姉妹州県となったことから、双方の州県における第2の都市どうしの姉妹都市提携が提起。在ブラジル群馬県人会長、日本ブラジル議員連盟会長が高崎市の関係者であったことも追い風となった。
1987年(昭和62年)10月6日 - 友好都市提携
:1980年、高崎市日中友好協会訪中団による承徳訪問から交流が始まる。1986年に経済文化協定を締結。1987年には承徳からの農業実習生を受け入れた。
1990年(平成2年)8月1日 - 姉妹都市提携
:プルゼニ市のピルスナーウルケル社
1994年(平成6年)2月28日 - 旧群馬町と姉妹都市提携
2006年(平成18年)10月28日 - 高崎市と姉妹都市提携
:群馬町出身の実業家(モンテンルパ名誉市民)の呼びかけにより、1993年より群馬町商工会とモンテンルパ市の間で研修生の派遣・受け入れ事業が行われたことから。
その他の地域間交流
2010年発行の『高崎市観光振興計画』では、以下4自治体がパートナー都市として挙げられている。 *
1986年(昭和61年)10月1日 - 旧:榛名町が姉妹都市提携
。 :2006年(平成18年)10月1日、榛名町の高崎市への合併に伴い、姉妹都市としての提携は解消。現在も東久留米市と高崎市榛名地区との交流自体は存続している。また、高崎市は東久留米市と災害時応援協定を結んでいる * :板橋区立榛名林間学園が設置されている。 *
1981年(昭和56年)12月14日 - 旧:倉渕村が友好都市提携
:横須賀製鉄所をつくるにあたり尽力した小栗上野介の縁。倉渕村の一部となった権田は小栗の領地であり、終焉の地でもある * :江戸川で結ばれた縁。2006年、旧:倉渕村に「浦安市民の森」が設置された

産業

年間商品販売額(万円)(2007年) : 174,700,069 (群馬県全体の25.6%=県内第2位) 小売業売場面積(m2(2007年) : 495,090 (群馬県全体の17.6%=県内第1位) 製造品出荷額(万円)(2007年) : 84,026,217 (群馬県全体の10.3%=県内第3位) 農業産出額(千万円)(2006年) : 495,090 農家数(戸)(2005年) : 7,542 耕地面積(ha)(2007年) : 6,090 データ出典:群馬県統計情報提供システム
工業
高崎市は北関東工業地域の一角であり、市内各地に工業団地が造成されている。 市内の工業団地(計28か所)
八幡工業団地
大八木工業団地
倉賀野工業団地
倉賀野大道南工業団地
群南工業団地
将軍塚工業団地
岩鼻西工業団地
|
八幡第二工業団地
倉賀野東工業団地
八幡原工業団地
将軍塚第二工業団地
宿大類工業団地
綿貫工業団地
阿久津工業団地
|
群馬保渡田工業団地
高崎東部工業団地
群馬足門工業団地
行力工業団地
八幡原第二工業団地
高崎複合産業団地
浜川工業団地
|
箕郷工業団地
下大島・町屋工業団地
柳沢工業団地
吉井工業団地
吉井本郷工業団地
吉井多比良工業団地
吉井岩井工業団地
}} ;事業所を置く主な企業
第一屋製パン
タカナシ乳業(北関東工場、群馬工場)
群馬工場は世界に4か所しかないハーゲンダッツのアイスクリーム工場の一つで、国内唯一。
クラシエフーズ(旧カネボウフーズ、官営新町紡績所跡)
大塚製薬
P&G
日本ケロッグ
沖電気工業高崎事業所
ルネサス エレクトロニクス(旧日立製作所汎用半導体事業部)
太陽誘電
マックス
創業地は高崎市。本社は東京都へ移転したが、現在でも高崎事業所(2002年(平成14年)に、高崎工場は生産部門を他工場へ移管された)が存在し、開発などが行われている。
古河機械金属(旧古河鉱業高崎工場)
足尾機械工場の分工場として発足。さく岩機などの製造の他、1960年代 - 80年代にかけてボウリング設備であるピンセッターの製造も手がけた。
日本精工高崎工場・榛名工場
日本化薬高崎工場
森永製菓高崎工場
かつて事業所を置いた主な企業
日清製粉 1988年閉鎖
現在、跡地は高層住宅の再開発計画が進行中である。
日本製粉 1994年製粉部門廃止、冷凍食品部門を分社化 →ニップン冷食高崎工場も閉鎖し高崎から完全撤退。
三国コカ・コーラボトリング 2002年12月閉鎖、物流センターは存続
日本たばこ産業(JT) 2005年閉鎖
現在、跡地の一部には関東いすゞ自動車の本社兼工場ビルが建設され、キンセイ産業の本社工場が計画中である。
麒麟麦酒
2000年にビール工場を閉鎖し、その後しばらくは医薬部門(現:協和発酵キリン)のみ操業していたが、こちらも2013年に閉鎖された。
高崎市では、麒麟麦酒工場跡地に公共施設を建設するなどの有効活用を検討中であったが、2007年(平成19年)9月に森永製菓が「2010年(平成22年)1月の生産開始を目指して新工場を建設する」と発表した。森永製菓の既存工場の大部分を集約し、生産額500億円を目指す国内最大級の規模になる。しかし、2008年(平成20年)6月には新工場建設を無期限停止すると発表、原因は当時進行していた、原油高に伴う原料高騰による収益減だと思われる。その後2009年(平成21年)10月には無期限停止を解く形で、2010年(平成22年)4月に第1工場の建設を開始すると発表され、新工場建設の起工式が行われた。2011年(平成23年)夏には第一工場が完成し、早くも営業を開始した。また、2012年には第二工場の完成も予定されており、周辺地域の更なる発展が見込まれている。ちなみに麒麟麦酒工場跡地では2006年(平成18年)に公開された映画『日本沈没』のロケが行われた。
商業・娯楽施設
right|thumb|200px|スズランデパート高崎店 高崎駅西口側の中心市街地には、髙島屋やスズランなどの大型店舗や専門店(ファッション関係の店が多い)、飲食店などが立ち並んでいる。中央銀座商店街などの昔からある商店街はシャッターを下ろしている店が幾つかあるが、駅前の中心街についてはそこそこの賑わいを見せている。 高崎駅東口側には、ヤマダ電機の本社併設店舗であるLABI1高崎やビックカメラなどの大型家電量販店があり、西口側ほどではないが専門店や飲食店も立地している。また、東口側には大型の娯楽施設がいくつか立地している。 高崎問屋町駅周辺は日本初の郊外型問屋団地として知られるが、近年は中規模・大規模の小売店の進出も目立っている。 それ以外にも、国道17号高崎前橋バイパスや高崎環状線などの幹線道路沿いに大型のロードサイドショップが多数立ち列び、「ロードサイド銀座」となっている。特に、国道17号高崎前橋バイパス沿いには、国内・海外の主要自動車メーカー系列の自動車販売店が集まっている。高崎市の小売業販売面積および年間商品販売額(何れも2004年)は、いずれも前橋市に次いで県内第2位の座を占めている。 市内に立地する主な商業施設を業態別に見ると、以下のようになる。 百貨店は、中心市街地に地元資本の百貨店であるスズラン高崎店と、高崎髙島屋が立地している。スズランは、隣接する平面駐車場に地上8階/地下2階の新館の建設を予定している。 ショッピングセンターは、大型の郊外型ショッピングセンターとして、高渋バイパス沿いにイオンモール高崎が、国道17号高崎前橋バイパスの前橋インターチェンジ付近にアカマル(旧赤まる市場)が立地している。 また、国道17号倉賀野駅付近のミスターマックス倉賀野ショッピングセンター、国道406号沿いのはるなショッピングタウンパワーセンター、北高崎駅付近にあった高崎木材市場跡地のウニクス高崎(核店舗はヤオコー)など、中小規模のショッピングセンターもいくつか立地している。 right|thumb|180px|高崎ビブレ(前)と髙島屋(奥) ショッピングビルとしては、高崎駅西口に高崎駅ビル高崎モントレー、高崎オーパ、ラ・メルセなどがある。以前は現在の高崎オーパがある場所に高崎ビブレがあったが、2014年3月31日に閉店した。 スーパーマーケットは、以下のような店舗が進出している。
イオン高崎店(旧高崎サティ)(イオンモール高崎内)・イオンスタイル高崎駅前店(高崎オーパ内)
アピタ高崎店
西友足門店
成城石井1店舗
フレッセイ7店舗
とりせん4店舗
ベイシア4店舗
ベルク4店舗
コープ1店舗
ヤオコー3店舗
: 飯塚店はウニクス高崎内に出店。
right|thumb|220px|LABI1高崎(ヤマダ電機本社) right|thumb|220px|ビックカメラ・高崎東口店(近日建て替え予定) 家電量販店は国内最大手のヤマダ電機が、高崎駅東口に同社最大級の店舗LABI1高崎を構え、本社を前橋市から同店舗の建物内に移している。また、菅谷町の高崎渋川線バイパス沿いにはテックランド高崎北菅谷店を構えている。家電量販店大手のビックカメラは、高崎市が創業の地であり、現在でも高崎駅東口店を構えている。そのほか、高崎環状線沿いにコジマ×ビックカメラ高崎店がある。以前は国道17号沿いにデオデオ(現・エディオン)高崎店もあったが、2008年(平成20年)10月26日に閉店した。 ホームセンターは最大手のカインズが市内に本社を設置していた。但し、高崎市内の店舗は箕郷店と吉井店を除き、いずれもフランチャイズ店舗(FC高崎東部店、FC高崎豊岡店、FC高崎小鳥店)である。現在は、本社を埼玉県北部の本庄市にある上越新幹線本庄早稲田駅付近に移転している。また、東関東を除いた関東地方を中心に発展するホームセンターのセキチューも市内に本社を設置しており、店舗としては高崎店、高崎矢中店を構えている。その他、大八木町の群栄化学工業工場跡地に、スーパービバホームが2010年3月にオープンした。 映画館は、シネマコンプレックスが高崎駅東口に109シネマズ高崎、郊外のイオンモール高崎にイオンシネマ高崎がある。また、高崎駅西口にはNPOの運営によるシネマテークたかさきがある。
金融
thumb|right|群馬銀行高崎支店 群馬県内の金融は、県庁所在地であり日本銀行前橋支店もある前橋市が中心であり、当市には本店を設置する銀行はない。支店のある都市銀行もみずほ銀行のみである。一方、当市は証券会社の支店の立地が多く、県内で大手三社の支店が揃っているのは当市のみである。 市内に本店または支店を置く銀行、信託銀行、信用金庫、信用協同組合、労働金庫、農業協同組合、証券会社は以下のとおりである(※印は市内に本店があるもの)。
群馬銀行
東和銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
横浜銀行
八十二銀行
北越銀行
足利銀行
|
高崎信用金庫※
しののめ信用金庫
ぐんまみらい信用組合※
群馬県信用組合
中央労働金庫
高崎市農業協同組合※
はぐくみ農業協同組合※
多野藤岡農業協同組合
|
野村證券
SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
水戸証券
}} 市内に一般営業窓口を置かず、ATMのみを設置する金融機関
三井住友銀行 (日本相互銀行時代から高崎支店があったが、住友銀行と合併後の2002年12月に前橋支店に統合)
東京スター銀行
セブン銀行
イオン銀行(ただし、インストアブランチがイオンモール高崎内に設置されている。)
ローソン銀行
群馬県信用農業協同組合連合会
かつて市内に店舗を展開したが、撤退した主な金融機関(合併による商号変更等は除く)
あさひ銀行(当初は埼玉銀行、1997年に当時のさくら銀行高崎支店に営業譲渡して撤退)
日本信託銀行(2000年に本店に統合、三菱信託銀行を経て現在は三菱UFJ信託銀行だが、現高崎支店(旧UFJ店)とは直接の関係は無い)
第四銀行(1999年に東京支店に統合)
新潟中央銀行(旧新潟相互銀行、2001年に経営破綻により東和銀行に営業譲渡)
大光銀行(旧大光相互銀行、2003年に前橋支店に統合)
群馬県庶民信用組合(1989年に新町信用組合に営業譲渡)
朝銀群馬信用組合(1986年に本店に統合)
日本振興銀行(2011年に大宮支店に統合)
三菱UFJ信託銀行(2016年に大宮支店に統合)
企業
高崎市内に本社を置く主な企業
アペックス(小売業)
有賀園ゴルフ(小売業)
アルタイムコミュニケーションズ(コンピューターシステム販売)
ガトーフェスタ・ハラダ(小売業)
関東いすゞ自動車(輸送用機器)
キャロッセ(自動車部品)
求人ジャーナル(情報・通信業)
群栄化学工業(化学)
群馬トヨタ自動車(小売業)
群馬バス(陸運業)
小島鐵工所(機械)
シー・アール・ケイ
上信電鉄(陸運業)
セキチュー(小売業)
|
大和ホーム
高崎ターミナルビル(サービス業)
高崎弁当(製造業)
高崎森永(製造業)
バリーカレボージャパン
藤田エンジニアリング(設備工事)
文真堂書店(小売業)
三益半導体工業(金属製品)
ヤマダ電機(小売業)
吉井電気(電気機器)
JA高崎ハム
NEXUS(サービス業)
ORIHIRO(機械)
Project White(小売業)
}}
北関東信越地区全域を統括する営業所を置く主な企業
県内およびそのほか
JR東日本高崎支社(旧日本国有鉄道高崎鉄道管理局)
NTT東日本群馬支店(旧日本電信電話公社高崎電報電話局)
かんぽ生命保険群馬支店(所在地は倉賀野郵便局と同じ)
東京電力高崎支社
東京ガス群馬支社
東日本高速道路関東支社高崎管理事務所
東洋熱工業群馬営業所
ヤフーカスタマーリレーションズ北関東営業所
上信越を統括する事業所
日本たばこ産業(JT)高崎支店(旧日本専売公社高崎地方局)
関東を統括する営業所を置く主な企業
ベネッセコーポレーション関東事業所(高崎タワー21内)
特産品
right|thumb|150px|高崎だるま
だるま
: 全国シェア80%。高崎駅の駅弁にも「だるま弁当」がある。
: 生産高が全国で2位、東日本では1位。
プラム
椎茸
公魚(榛名湖)
JA高崎ハム
ミョウガ(倉渕地区が栽培発祥の地)

教育・文化・医療

音楽のある街
高崎市は古くから音楽に関する活動が盛んであることから、高崎市は「音楽のある街、高崎」と銘打っている。 日本の地方オーケストラの先駆けであり、二十数団体をに及ぶ日本のプロオーケストラとしても三番目の長い歴史を誇る群馬交響楽団を生んだ土地である。現在でも群馬交響楽団が本拠地を置いており、三大都市圏でも県庁所在地でもない都市がオーケストラを持つのは日本唯一である。また、市の自己予算と市民の寄付によって1961年に建設された群馬音楽センターは、その象徴的な存在である。 毎年10月中旬には、高崎マーチングフェスティバルが開催され、毎年世界的なマーチングバンドを招いたり、市内各小学校や企業団体のバンドが一堂に集まり、市街地のメーンロードを行進したりする。 高崎市には、市の歌である「高崎市歌」(作詞:黒崎親厚、作曲:塚田佳男)があり、詩と曲を公募して作られた。
教育機関
小学校
市立岩鼻小学校
市立大類小学校
市立片岡小学校
市立北小学校
市立京ヶ島小学校
市立倉賀野小学校
市立佐野小学校
市立城東小学校
市立城南小学校
市立城山小学校
市立新高尾小学校
市立西部小学校
市立滝川小学校
市立中央小学校
市立塚沢小学校
|
市立寺尾小学校
市立東部小学校
市立豊岡小学校
市立中居小学校
市立中川小学校
市立長野小学校
市立西小学校
市立乗附小学校
市立鼻高小学校
市立浜尻小学校
市立東小学校
市立北部小学校
市立南小学校
市立南八幡小学校
市立矢中小学校
|
市立八幡小学校
市立六郷小学校
市立倉渕東小学校
市立倉渕中央小学校
市立倉渕川浦小学校
市立箕輪小学校
市立車郷小学校
市立箕郷東小学校
市立金古小学校
市立国府小学校
市立堤ヶ岡小学校
市立上郊小学校
市立金古南小学校
市立新町第一小学校
市立新町第二小学校
|
市立下室田小学校
市立中室田小学校
市立上室田小学校
市立里見小学校
市立久留馬小学校
市立下里見小学校
市立宮沢小学校
市立桜山小学校
市立吉井小学校
市立吉井西小学校
市立多胡小学校
市立入野小学校
市立馬庭小学校
市立南陽台小学校
市立岩平小学校
}}
中学校
| | | }}
中等教育学校
群馬県立中央中等教育学校
高等学校
県立・市立
群馬県立高崎高等学校
群馬県立高崎女子高等学校
群馬県立高崎商業高等学校
群馬県立高崎工業高等学校
群馬県立高崎北高等学校
群馬県立高崎東高等学校
群馬県立榛名高等学校
群馬県立吉井高等学校
高崎市立高崎経済大学附属高等学校
| 私立
東京農業大学第二高等学校
高崎健康福祉大学高崎高等学校
高崎商科大学附属高等学校
学芸館高等学校
明和県央高等学校
}}
大学
right|thumb|200px|群馬パース大学
高崎経済大学
高崎商科大学
高崎健康福祉大学
群馬パース大学
上武大学(高崎キャンパス)
短期大学
育英短期大学
高崎商科大学短期大学部
新島学園短期大学
専修学校
群馬県立農林大学校(専修学校専門課程)
専門学校高崎福祉医療カレッジ
中央カレッジグループ
中央情報経理専門学校高崎校
高崎ビューティモード専門学校
高崎ペットワールド専門学校
山崎学園
東日本調理師専門学校
大原学園
大原簿記情報ビジネス医療福祉保育専門学校
大原スポーツ公務員専門学校高崎校
高崎市医師会看護専門学校
特別支援学校
群馬県立二葉養護学校
群馬県立高崎特別支援学校
群馬県立高崎高等養護学校
群馬県立二葉高等養護学校
高崎市立養護学校
学校教育以外の施設
高崎自動車整備学校
第一高等学院高崎校
エレガンスアカデミー職業訓練校
医療機関
現在、高崎安中医療圏に200床を超える中核病院が高崎総合医療センターのみであるため、市は県に「西毛中核病院(仮称)」の建設を新市建設計画にも盛り込むなど、継続的に求め続けているが“ right|thumb|250px|高崎総合医療センター
国立病院機構高崎総合医療センター
高崎中央病院
井上病院
希望館病院
第一病院
群馬循環器病院
真木病院
サンピエール病院
昭和病院
日高病院
中央群馬脳神経外科病院
産科婦人科舘出張佐藤病院
黒沢病院
駒井病院
野口病院
綿貫病院
県央病院
大原病院
榛名荘病院
その他の市有施設
高崎市総合福祉センター
高崎市総合保健センター
図書館
高崎市立図書館
中央図書館高崎市総合保健センターと建物を共用
箕郷図書館
群馬図書館
新町図書館
榛名図書館
山種記念吉井図書館
文化施設
美術館
群馬県立近代美術館 - 西洋美術、近代日本美術
高崎市美術館 - 日本近代美術
高崎市タワー美術館 - 旧・高崎タワー美術館。日本画
高崎市山田かまち美術館 - 旧・山田かまち水彩デッサン美術館
:高崎市タワー美術館と高崎市山田かまち美術館は私営美術館を譲り受けたもので、発足時より市営だった高崎市美術館と合わせて3館の市営美術館が存在することとなった。 博物館thumb|right|220px|群馬県立歴史博物館
群馬県立歴史博物館
群馬県立土屋文明記念文学館
植物園
高崎市染料植物園・染色工芸館
劇場・ホール・展示施設 right|thumb|220px|群馬音楽センター
群馬音楽センター
高崎芸術劇場
箕郷文化会館
新町文化会館
榛名文化会館(エコール)
吉井文化会館
その他
高崎哲学堂(旧井上邸)

交通

上毛かるたで「関東と信越つなぐ高崎市」と詠まれるなど、交通の要衝として知られる。
鉄道
thumb|220px|right|高崎駅東口([[イーサイト|E’site)]] thumb|220px|right|高崎駅西口((高崎市)|モントレー)]
中心駅:高崎駅(前述したとおり、高崎駅は高崎市の中央駅であるとともに、隣の県庁所在地前橋市をはじめとした群馬県の表玄関口でもある)
; 22px東日本旅客鉄道(JR東日本) : :* 高崎駅 :** なお、北陸新幹線は安中榛名駅 - 軽井沢駅間でも当市を通過している(ただしトンネル区間である)。 : :* 高崎駅 - 倉賀野駅 - (この間藤岡市。駅はない) - 新町駅 : :* 高崎駅 - 高崎問屋町駅 - 井野駅 : :* 高崎駅 - 北高崎駅 - 群馬八幡駅 : :* 倉賀野駅 ; : :* 高崎駅 - 南高崎駅 -(佐野信号所) - 佐野のわたし駅 - 根小屋駅 - 高崎商科大学前駅 - 山名駅 - 西山名駅 - 馬庭駅 - 吉井駅 - 西吉井駅 ; : 榛名山ロープウェイ :* 榛名高原駅 - 榛名富士山頂駅
バス
民間路線バス
thumb|220px|[[高崎駅バスのりば|高崎駅西口バスのりば]] 群馬バスが、高崎駅を中心に市内のほぼ全域に路線バス網を持つ。上信電鉄バスは市の東部・南部の一部に路線を運行している。群馬中央バスは本拠地である前橋市から乗り入れてくるバス路線の他、高崎駅と玉村町を結ぶ路線を運行している。関越交通は同様に渋川市からの乗り入れバス路線や、倉渕地域(権田)と東吾妻町を結ぶ路線バスも運行している。日本中央バスは、高崎駅と大胡駅を結ぶ路線バスを運行している。 新町駅には、日本中央バスと永井バスが乗り入れている。日本中央バスは藤岡市や多野郡と新町駅を、永井バスは玉村町と新町駅を結ぶバスという性格が強く、どちらも市内を走る区間はわずかである。 その他、箕郷地域の榛名山麓や榛名山頂と伊香保温泉の間に群馬バスがバス路線を営業している。
市が関与する路線バス
thumb|200px|right|ぐるりん 高崎市は、「高崎市内循環バスぐるりん」、「榛名循環バスはるバス」、「よしいバス」、「代替バス」の4種類の路線バスを走らせている。このうち「ぐるりん」は市営ではなくコミュニティバスであり、市内に路線を持つバス事業者が運行し、市が欠損補助を行う形で運営されている。 ぐるりんは都心循環線、少林山線、高経大線、大八木線、京ヶ島線、群馬の森線、倉賀野線、観音山線、岩鼻線、こうづけ国分寺線、かみつけの里線、白川線、生原線、松原線、柏木沢線、榛名線、倉渕線、外来センター線、新町循環線の19路線が運行されており、都心循環線以外は両方向の路線が運行されている。はるバスは2路線、よしいバスは5路線、代替バスは2路線が運行されている。 ぐるりん、はるバス、よしいバスの運賃は、都心循環線と、それに重なる少林山線、高経大線、観音山線の区間は1回100円で、それ以外は距離にかかわらず1回200円(子供半額)となっている。代替バスは距離制の運賃である。 なお、ぐるりんにはバスナビゲーションシステムが導入されており、パソコンや携帯電話から運行状況や時刻表などが分かるようになっている市内循環バス「ぐるりん」/高崎市より。。 なお、旧榛名町・吉井町と合併した時には、高崎市役所と各支所(旧役場)間に運賃無料の交流バスを走らせていたが、2010年9月2日に運行終了した。 (以上、市内循環バス「ぐるりん」/高崎市高崎市・吉井町合併協議会 合併協議会だより Vol.2(2008年9月1日発行)p.4、広報高崎2010年8月1日号 pp.2〜5に基づいて作成。)
高速バス
日本中央バス
関越交通
千葉交通(関越交通と成田空港線(アザレア号)を共同運行)
富士急山梨バス(関越交通と富士急ハイランド線を季節限定で共同運行)
東京空港交通(日本中央バスと羽田空港線を共同運行)
道路
高速道路
関越自動車道 : (佐波郡玉村町) - (9-1)高崎玉村スマートIC(高崎市と玉村町の両方に跨っている) - (9-2)高崎JCT - (10)高崎IC - (11)前橋IC(高崎市と前橋市の両方に跨っている) - (前橋市)
北関東自動車道 : (9-2)高崎JCT - (前橋市)
上信越自動車道 : (藤岡市) - (2)吉井IC - (甘楽郡甘楽町)
国道
国道17号(中山道、新町バイパス・倉賀野バイパス・高崎バイパス・高崎前橋バイパス)
国道18号(中山道)
国道254号
国道354号(2011年6月12日に東毛広域幹線道路の一部、高崎玉村バイパスが開通)
国道406号
県道(主要地方道)
群馬県道6号前橋箕郷線
群馬県道10号前橋安中富岡線
群馬県道12号前橋高崎線
群馬県道・埼玉県道13号前橋長瀞線
群馬県道24号高崎伊勢崎線
群馬県道25号高崎渋川線(三国街道)
群馬県道26号高崎安中渋川線
群馬県道27号高崎駒形線
群馬県道28号高崎東吾妻線
|
群馬県道29号あら町下室田線
中心市街地では、シンフォニーロードと称されている
群馬県道31号高崎停車場線
群馬県道33号渋川松井田線
群馬県道40号藤岡大胡線
群馬県道48号下仁田安中倉渕線
群馬県道49号藤木高崎線
群馬県道54号長野原倉渕線
群馬県道71号高崎神流秩父線
}}
主な市道
高崎市道高崎環状線
サイクリングロード
高崎伊勢崎自転車道線
井野川(ホタルの里)サイクリングロード
烏川・榛名白川サイクリングロード
早瀬川サイクリングロード
烏川・碓氷川サイクリングロード
烏川・神流川サイクリングロード
空港
高崎ヘリポート

観光・レジャー

名所・旧跡
thumb|right|160px|高崎白衣大観音
高崎城(県指定史跡)
:* 桜の名所として知られる。
鷹留城(高崎市指定史跡)
少林山達磨寺
:* 市の西部、鼻高町にある黄檗宗の寺で、毎年1月6日から7日にかけて開かれる「だるま市」で知られる。江戸時代は前橋藩の裏鬼門を守護する寺であった。
高崎観音(高崎白衣大観音)
:* 群馬県を代表をする桜の名所で、観音山にある。群馬の桜の開花宣言がされると、しばしば報道番組などで取り上げられる。
長谷寺
:* 金峰山修験本宗の寺院で、本尊は十一面観音。坂東三十三箇所第15番札所である。
慈眼寺
:* 市の東部、下滝町にある真言宗の寺院。空海が使ったと伝えられている岩や松尾芭蕉の句碑が境内に残されている。桜の名所で、樹齢240年を超える少将桜などの約50本のしだれ桜が、境内に植えられている。
高崎市染料植物園
ひびき橋
箕輪城跡:国の史跡
旧下田邸
鳴沢湖
山ノ上碑:国の特別史跡
金井沢碑:国の特別史跡
多胡碑:国の特別史跡
観音山古墳:国の史跡
浅間山古墳:国の史跡
元島名将軍塚古墳
上野国分寺跡
榛名湖right|thumb|200px|冬の榛名山と榛名湖
榛名神社
榛名山
洞窟観音
観音鉱泉
観音塚古墳
道祖神
:* 榛名山よりも西の地域には道祖神が数多く残っている。
祭事・催事
七草大祭だるま市(毎年1月6日 - 7日)
:* 少林山達磨寺で開催される。前橋市や伊勢崎市でも同様の祭りが行われるが、本来は少林山だるま市が基本形である。少林山だるま市は群馬県を代表する伝統的祭りである。
高崎映画祭(毎年3月下旬から)
高崎音楽祭
高崎技能祭
たかさき桜祭り(毎年3月末ごろ)
高崎商都フェスティバル(毎年3月下旬 - 4月上旬の土曜日曜)
森とオーケストラ(毎年4月29日【昭和の日】)
たかさきスプリングフェスタ
高崎まつり(毎年8月の第1土曜日曜)
高崎観音だるまマーチ(毎年10月ごろ)
高崎えびす講市(毎年11月下旬)
たかさき光のページェント(毎年12月 - 1月上旬)
ようこそ高崎人情市(毎月第4日曜日)
ロックの祭典!高崎野外音楽フェスティバル(2005年を最後に休止中)
温泉
三福温泉
相間川温泉(倉渕町水沼)
湯端温泉
吉井温泉
グルメ
スパゲティ - 高崎市では、「パスタの街高崎」と全国に名を掲げており、高崎市内のパスタ店が自慢の味を競い合う「キングオブパスタ」を2009年より毎年(2019年現在)開催している。また、優勝したメニューはセーブオンから期間限定で販売されていた。
焼きまんじゅう - 本場は群馬県中毛・東毛地区とされる。
だるま弁当
ラスク - 地元資本のガトーフェスタ・ハラダの名産物として全国で知られる。
高崎オランダコロッケ - 2000年以降に名物となったチーズ入りのコロッケ。
遊園地
カッパピア:2003年(平成15年)閉園
:* 高崎市が土地を取得し、森林公園として再整備する方針。
公園
榛名公園
:*1924年(大正13年)4月28日昭和天皇・皇后の成婚を記念し、御料地の払い下げを受けて設置された群馬県立公園。榛名山頂の榛名湖を含む395ヘクタールで、おおむね榛名山外輪山の内側となっている。「榛名ビジターセンター」、「榛名湖畔テニスコート」、「松之沢グラウンド(サッカーグラウンド)」、「榛名湖オートキャンプ場」、「国民宿舎榛名吾妻荘」、「榛名湖温泉ゆうすげ」、「榛名山ロープウェー」等の施設があり、ハイキングや釣りが楽しめる。毎年「榛名の祭り」、「榛名湖イルミネーションフェスタ」が、行われる。群馬県ホームページ「県立榛名公園」
観音山ファミリーパーク
:* 2003年(平成15年)に開園した群馬県立公園。「森の芝生公園」、「森のスポーツ・レクリエーション広場」、「バーベキュー広場」、「水と花の広場」、「クラフト工房」、「里山をめぐる遊歩道」、「遊びの原っぱ」、「多目的フリースペース」で構成され、大人から子どもまで楽しませてくれる場所となっている。現在、第2期開園エリアまでが利用可能。平成19年には約60haの全エリアが開園する。観音山ファミリーパーク公式ホームページ
群馬の森
:* 群馬県立公園。所在地は高崎市綿貫町992-1。敷地内に群馬県立近代美術館、群馬県立歴史博物館がある。広大な敷地に白樫・椚・コナラや紅葉等の落葉樹・広葉樹が多数植えられており、地元では紅葉の名所としても知られ、紅葉の季節になると多くの見学者が訪れる。開園時間は4月 - 9月は7:40 - 18:30、10月 - 3月までは8:10 - 17:30。駐車場・駐輪場完備。群馬の森公式ホームページ
高崎公園
姉妹都市公園
もてなし広場
:* 祭事などの会場によくつかわれる。高崎まつりでも路上の屋台等が設置され、観光客などでにぎわう。
上毛野はにわの里公園(保渡田古墳群)
箕郷梅林
烏川渓谷公園
三ツ寺公園

スポーツ

スポーツ団体・クラブ
高崎市に本拠地を置く主なスポーツチーム ;野球・ソフトボール
群馬ダイヤモンドペガサス(ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)所属)
ビックカメラ高崎BEE QUEEN(日本ソフトボールリーグ女子1部所属)
太陽誘電ソルフィーユ(日本ソフトボールリーグ女子1部所属)
;サッカー
アルテ高崎(元日本フットボールリーグ所属・2011年解散)
スポーツ施設
野球場・ソフトボール場
高崎市城南野球場(高崎市下和田町2-12-1)
:* 映画タッチの撮影でも使用された。2014年より、ベースボール・チャレンジ・リーグに所属する群馬ダイヤモンドペガサスの本拠地となっている地域密着目指し高崎をホームに BC、ダイヤモンドペガサス - 上毛新聞(47News)2013年12月10日。
貝沢野球場(高崎市貝沢町60)
金井原野球場(高崎市宮沢町1606)
和田橋野球場(高崎市八千代町1-7-1)
聖石橋野球場(高崎市石原町)
高浜野球場(高崎市高浜町180-1)
高崎市ソフトボール場(宇津木スタジアム)(高崎市井出町926-1)
テニスコート
問屋町庭球場(高崎市問屋町4-8-6)
上並榎庭球場(高崎市上並榎町1590)
倉渕テニスコート(高崎市倉渕町岩氷601)
新町下河原テニスコート(高崎市新町881)
高浜テニスコート(高崎市高浜町180-1)
競技場
浜川競技場(高崎市浜川町208)
プール
浜川プール(高崎市浜川町1575-1)
城南プール(高崎市下和田町2-11-1)
箕郷プール(高崎市箕郷町西明屋740)
群馬プール(高崎市台新田町321)
新町温水プール(高崎市新町3273-1)
吉井プール(高崎市吉井町馬庭1783-6)
観音山公園プール(高崎市石原町2740-2)
体育館
高崎アリーナ(高崎市下和田町四丁目2番1)
:*中央体育館の老朽化のため、全国・世界レベルの大会が開催できるように設計された。元日本製粉跡地に2017年4月に開館した。
中央体育館(高崎市栄町11-1)
浜川体育館(高崎市浜川町208)
倉渕体育館(高崎市倉渕町岩氷601)
新町住民体育館(高崎市新町3161)
さわやか交流館(高崎市箕郷町生原88)
群馬柔剣道場(高崎市棟高町982)
群馬体育館(高崎市足門町1449-1)
新町児童体育館(高崎市新町1497)
武道館(高崎市石原町3892-7)
榛名体育館(高崎市上里見町453)
吉井体育館(高崎市吉井町吉井285-2)
吉井運動公園体育館(高崎市吉井町池1618)
弓道場
弓道場(高崎市浜川町1522)
運動場
城南総合運動場(高崎市下和田町2-11)
群馬総合運動場(高崎市足門町1430)
倉渕グラウンド(高崎市倉渕町岩氷610)
榛名中央グラウンド(高崎市上里見町582)
上室田芝グラウンド(高崎市上室田町4707-1)
箕郷総合運動公園(高崎市箕郷町生原91)
新町烏川運動場(高崎市新町2871)
新町鉄南運動場(埼玉県児玉郡上里町大字勅使河原2456)
中川原グラウンド(高崎市中里見町1448-1)
吉井運動公園運動場(高崎市吉井町池1660)

メディア

ラジオ高崎(コミュニティFM局)
FMぐんま高崎支局
ジェイコム群馬
上毛新聞高崎支社

出身著名人

政治家
中曽根康弘 - 第71-73代内閣総理大臣。
中曽根弘文 - 参議院議員、外務大臣、元文部大臣。康弘の長男。
福田赳夫 - 元内閣総理大臣。(旧金古町)
福田康夫 - 衆議院議員、元内閣総理大臣。赳夫の長男。東京市出生。
最上英子 - 日本初の女性代議士。
丸茂重貞 - 元参議院議員、元環境庁長官。
福田宏一 - 元参議院議員。福田赳夫の弟。
最上進 - 元参議院議員。最上英子の養子。
上野公成 - 元参議院議員、元内閣官房副長官。
下村博文 - 衆議院議員、元内閣官房副長官。東京11区選出(出身は旧倉渕村)。
清水真人 - 参議院議員
実業家
茂木惣兵衛 - 野澤屋創業者
梁瀬長太郎 - ヤナセ創業者
山崎種二 - 山種証券、ヤマタネ創業者
芸能人
氷室京介 - ミュージシャン、元・BOØWY
布袋寅泰 - ミュージシャン、ギタリスト、元・BOØWY
松井常松 - ミュージシャンベーシスト、元・BOØWY
樋口豊 - ミュージシャン、BUCK-TICKのベーシスト
ヤガミトール - ミュージシャン、BUCK-TICKのドラマー
松本賢一 -ミュージシャン、ベーシスト、ロードオブメジャー
多胡邦夫 - ミュージシャン、作曲家
吉田ゐさお - ミュージシャン、音楽プロデューサー
国友愛佳 - タレント
大友花恋 - 女優、モデル、タレント
小林桂樹 - 俳優
竹内海南江 - タレント
中村次郎 - 気象キャスター
栗原由佳 - フリーアナウンサー
須藤ゆみ - フリーアナウンサー
樋口潮 - テレビプロデューサー
堀口としみ - タレント
吉田智美 - タレント
三遊亭小圓遊 - 落語家
林家つる子 - 落語家
JOY - タレント、ファッションモデル
空風マイキ - タレント、レースクイーン
新井秀和 - NHKアナウンサー
芳川隆一 - NHK札幌放送局アナウンサー
関根和歌香 - 東海テレビアナウンサー
相内優香 - テレビ東京アナウンサー
麻美ゆま - AV女優
本多陽子 - 声優
富沢美智恵 -声優
竹上萌奈 - 関西テレビアナウンサー
文化人
村上鬼城 - 俳人。江戸生まれ。
山口薫 - 洋画家、元東京藝術大学教授
土屋文明 - 歌人、国文学者。文化勲章受章者
江口恭平 - 文芸評論家、高崎市文化賞受賞
岡田怡川 - 教育評論家
山田かまち - 画家
新井紀一 - 小説家
金井美恵子 - 小説家
川原礫 - ライトノベル作家
村上賢司 - 映画監督
小林義則 - 映画監督
今井雄五郎 - テレビドラマ監督
鶴岡政男 - 画家
分部順治 - 彫刻家
大河原遁 - 漫画家
新井キヒロ - 漫画家
志村立美 - 画家
三浦弘行 - 将棋棋士
丸山修二 - アニメーター、元ゆめ太カンパニー所属
金子三勇士 - ピアニスト
スポーツ選手
青木剛 - サッカーロアッソ熊本選手
松下裕樹 - サッカーザスパクサツ群馬所属
山口素弘 - 元サッカーJリーグ選手、元横浜FC監督
吉永大志 - サッカー福島ユナイテッドFC所属
栃天晃正嵩 - 元大相撲十両力士
佐野仙好 - 元プロ野球阪神タイガース外野手
清水将海 - 元プロ野球福岡ソフトバンクホークス捕手
吉川元浩 - 元プロ野球福岡ソフトバンクホークス選手
菊地和正 - 元プロ野球横浜DeNAベイスターズ投手
大廣翔治 - 元プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス選手
富岡久貴 - 元プロ野球投手
琴錦功宗 - 元大相撲関脇(現・朝日山親方)
小野雄貴 - ラグビー日野レッドドルフィンズ所属
井上喜貴 - 陸上競技選手
絹川愛 - 陸上競技選手
清水善造 - テニス選手
相原信行 - 体操競技選手 (ローマ五輪金メダリスト)
相原豊 - 体操競技選手、相原信行の子 (バルセロナ五輪銅メダリスト)
内田翔 - 競泳選手、(200m自由形日本記録保持)
角皆優人 - スキー選手
高橋光宏 - 競輪選手、1994年 - 全日本選抜競輪、1995年 - オールスター競輪優勝

縁のある人物

絲山秋子 - 小説家。東京都世田谷区出身、現在在住。
宇津木麗華 - ソフトボールビックカメラ高崎監督(シドニー五輪銀メダリスト)
上野由岐子 - ソフトボールビックカメラ高崎投手(北京五輪金メダリスト)
小渕恵三 - 政治家
小渕優子 - 政治家
福田達夫 - 政治家
三宅雪子 - 政治家
山路典子 - ソフトボール太陽誘電監督(シドニー五輪銀メダリスト)
坂井寛子 - ソフトボール太陽誘電投手(北京五輪金メダリスト)
橋本環奈 - 女優。2015年、映画撮影期間中約一ヶ月間居住。本人曰く「高崎は第二の家」。
廣瀬芽 - ソフトボール太陽誘電内野手(北京五輪金メダリスト)
高崎たけまる - 成年漫画家
山崎正 - 作詞家(春日八郎『お富さん』、三橋美智也『前橋音頭』など、幼少期に東京から移住)

ロケ地・舞台となった作品

詳しくは、高崎フィルム・コミッションを参照
テレビドラマ
昭和四十六年 大久保清の犯罪 (TBS) (1983年)
ファイト (テレビドラマ)
ブスの瞳に恋してる(2006年)
ヒロイン太田美幸の故郷が高崎市の設定。
BOSS
MR.BRAIN
海賊戦隊ゴーカイジャー
仮面ライダーオーズ/OOO
仮面ライダーフォーゼ
僕とスターの99日(2011年)
榛名湖畔で並木航平(西島秀俊)が弁当を食べた。
ATARU(2012年)
爆発した倉庫に東洋熱工業吉井工場が使われた。
サインー法医学者 柚木貴志の事件ー(2019年)
高崎市総合保健センターが、柚木(大森南朋)たちの職場として使われた。(外観とロビーのみ)
バラエティ
空から日本を見てみよう 「群馬県」(2010年11月4日放送)
空から日本を見てみよう 「ライバル都市対決 前橋VS高崎」(2011年8月11日放送)
ちい散歩
所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!
中居正広のブラックバラエティ
映画
ここに泉あり (1955年)
キングコング対ゴジラ (1962年8月11日公開)
劇中で展開される100万ボルト電流作戦の舞台。また、ゴジラが白衣大観音の横を通過する場面も撮影されたが、本編ではカットされた。
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭(1988年8月6日公開)
半落ち (2004年1月10日公開)
市庁舎が群馬県警の建物として登場した。
かまち (2004年3月13日公開)
珈琲時光 (2004年9月11日公開)
リンダ リンダ リンダ (2005年7月18日公開)
神童 監督:萩生田宏治(2007年4月21日公開)
包帯クラブ (2007年9月15日公開)
映画で市庁舎が登場した。
相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン (2008年5月1日公開)
市内各所でマラソン時の撮影が行われた。
君に届け (2010年9月25日公開)
ばかもの (2010年12月18日公開)
あしたのジョー (2011年2月11日公開)
SP 革命篇 (2011年3月12日公開)
麻田雄三を追う尾形総一郎と井上薫が戦った総理大臣官邸への地下通路として、阿久津水処理センターが使用された。
漫才ギャング (2011年3月19日公開)
これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫 (2011年4月30日公開)
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (2012年1月21日公開)
遺体 明日への十日間 (2013年2月23日公開)
高崎グラフィティ。 (2018年8月18日公開)
漫画
はちみつとクローバー
市庁舎が登場した。
なお、監修:石ノ森章太郎、作画:井上大助による高崎の歴史を振り返った漫画『TAKASAKI DREAMING まんが 高崎の歴史』が存在する(非売品で高崎市立図書館で閲覧可能)。「仮面ライダー」「サイボーグ009」などといった石ノ森キャラクターが多数登場し、ストーリーに華を添えている。
ノンフィクション
昭和四十六年.群馬の春 筑波昭 草思社 1982年

進行中のプロジェクト

政令指定都市への移行 松浦幸雄前市長は2007年(平成19年)4月22日執行高崎市長選挙選挙公報(高崎市選挙管理委員会)にて以下のような文面を載せている。 以下、高崎市長選挙選挙公報より抜粋。
合併により群馬県最大の人口を要する37万都市となった高崎市への求心力が飛躍的に高まっています。松浦幸雄は、このチャンスを生かし、高崎市がこれからも持続して発展していくための基礎を固め、さいたま市、新潟市と肩を並べる政令指定都市を目指した都市づくりを進めます。
以上、高崎市長選挙選挙公報より抜粋。 このことから、松浦幸雄前市長は市長選でのマニフェストの一つとして政令指定都市を目指した政策を進めるということを示した。 高崎都市圏の総人口は約57万人のため、都市圏内のみでの合併では、政令指定都市への移行は不可能だと思えるため、周辺の県内都市圏、特に前橋市との合併、および伊勢崎市との合併が必要だと言われている 2007年(平成19年)10月30日、高崎市と前橋市の相互協力などについての両市長間会議終了時に開いた記者会見で、前橋市の高木政夫市長が高崎市との合併も視野に入れた政令指定都市移行を考えているとの発言をした。これまでも合併に前向きだった松浦幸雄市長は、その際、「将来は政令指定都市を目指している」と改めて明言した。高崎市は中核市への移行を計画しており、合併への議論が具体化するのはその後になる可能性が大きい。前橋、高崎両市の人口を合わせると、68万1949人(2007年10月現在)になり、さらに高崎市との合併推進運動が盛んに行われている玉村町との人口を合わせと、74万4702人(2007年10月1日現在)となり、政令市へ移行を果たした静岡市の人口を抜くことになる。しかし2007年(平成19年)11月19日のNIRA(総合研究開発機構)の対談シリーズで松浦・高崎市長は「前橋との合併は極めて困難である」と語っている。 なお、現在の富岡賢治市長は政令指定都市移行については特に見解は示していない。 新駅設置構想
信越本線(高崎 - 横川間)
市議会において信越本線の北高崎駅と群馬八幡駅間に新駅の「豊岡駅(仮称。兵庫県にも豊岡駅があるため、正式駅名は変更予定)」の設置を求める意見が出された。
高崎線・八高線・湘南新宿ライン
高崎駅と倉賀野駅間に新駅(「下之城駅(仮称)」)の設置構想がある。
right|thumb|200px|高崎線([[JR東日本E231系電車|E231系電車)]] JR高崎線新町駅周辺連立体交差化事業
現在、高崎線の新町駅周辺の踏切による慢性的な交通渋滞などを解消するために、周辺を立体交差化する計画が研究されている。
都市集客施設建設構想 高崎駅東口の栄町に位置する場所に、新しい都市集客施設「高崎パブリックセンター(仮称)」を建設する計画が浮上したhttp://www.takasakiweb.jp/toshisenryaku/article/2012/07/0701.html 都市集客施設「高崎パブリックセンター」 高崎新聞。この計画は、現在老朽化が指摘されている中央体育館とビックカメラ、その周辺の駐車場などを含める広大な敷地を再開発し、大型集客施設を建設するもので、平成27年着工を目指し現在計画が進められている。 高崎競馬場再開発・高崎操車場再開発に関することは高崎市の再開発を参照。

その他

市外局番は、市内の大半が「027」だが、新町地域は「0274」である。
郵便番号は、市内全域で「370」から始まる7桁の番号が割り当てられ、以下の郵便局が収集・配達を担当している。
高崎郵便局(高崎地域・吉井地域の集配)
新町郵便局(新町地域の集配)
群馬郵便局(群馬地域・箕郷地域の集配)
室田郵便局(榛名地域の集配)
倉渕郵便局(倉渕地域の集配)
※2006年の合併当初は、倉賀野郵便局(高崎地域の倉賀野・岩鼻・南八幡地区)・箕輪郵便局(箕郷地域)も担当していたが、日本郵政公社(当時)の拠点再編の結果、2006年(平成18年)10月16日より担当業務がそれぞれ、高崎郵便局・群馬郵便局に集約された。

高崎市の近くの未分類

高崎市の近くのモノ

何を探しますか?

     
   

駅名から検索

現在位置から検索

※GPS情報を使用します
詳細検索はこちら