渋川市(未分類)

マップアプリで開く

タグ情報

is_in
群馬県
is_in:continent
Asia
is_in:country
Japan
is_in:country_code
JP
name:ar
شيبوكاوا، غونما
name:de
Shibukawa
name:es
Shibukawa
name:fr
Shibukawa
韓国語名
시부카와시
name:pl
Shibukawa
name:ru
Сибукава
name:uk
Сібукава
place
city
population
76552
population:date
2017
外部URL
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/jpgis/datalist/KsjTmplt-N03.html
wikidata
Q851492

この場所の口コミ

口コミを投稿する

渋川市って

渋川市(しぶかわし)は、群馬県のほぼ中央、関東平野の最北西部に位置する市である。東京都からは、およそ120kmの距離にある。
引用:Wikipedia

市勢

面積:240.42km2
人口:87,468人
男性:42,717人
女性:44,751人
世帯数:29,240世帯
人口密度:363.81人/km2
(2005年国勢調査速報)

地理

日本列島(沖縄は除く)のほぼ中央に位置し、日本のへその一つである。
西にそびえる榛名山の裾野にあり、東に赤城山を望み、北には子持山と小野子山がそびえる。北から利根川、西から吾妻川が流れ市内白井で合流する。
広さ:東西:6km、南北:10km、周囲:40km

歴史

沿革
|廃止日=2006年2月20日 |廃止理由=新設合併 |廃止詳細=渋川市、北群馬郡伊香保町、子持村、小野上村、勢多郡赤城村、北橘村 → 渋川市 |現在の自治体=渋川市 |区分=市 |自治体名=渋川市 |旗 = 100px |旗の説明 = 渋川市旗 |紋章 = 100px |紋章の説明 = 渋川市章 |都道府県= 群馬県 |支庁= |コード=10208-3 |面積=51.59 |境界未定=なし |人口=48,110 |人口の時点=2006年2月13日 |隣接自治体=吾妻郡東村、
北群馬郡吉岡町、伊香保町、榛東村、子持村、小野上村
勢多郡赤城村、北橘村 |木=モミジ |花=アジサイ |シンボル名=市の鳥 |鳥など= |郵便番号=377-8501 |所在地=渋川市大字石原80番地
|外部リンク= |位置画像=250px |特記事項= }}
古くから三国街道の宿場町、交通の要衝として栄えた。
1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、西群馬郡に渋川町・金島村・古巻村・豊秋村が誕生。
1896年(明治29年)4月1日 - 西群馬郡と片岡郡が合併し、群馬郡が発足。
1949年(昭和24年)10月1日 - 群馬郡から北群馬郡が分立。
1954年(昭和29年)4月1日 - 北群馬郡渋川町・金島村・古巻村・豊秋村の1町3村の合併により(旧)渋川市が発足。
1984年(昭和59年) - 「日本のまんなかへそのまち」を宣言。
1996年(平成8年) - オーストラリア、ローガン市と友好都市提携。
1999年(平成11年) - 全国へそサミットが開催される。
2000年(平成12年) - 「イタリアのへそ」フォリーニョ市と姉妹都市提携。
2006年(平成18年)2月20日 - (旧)渋川市と北群馬郡伊香保町・小野上村・子持村、勢多郡赤城村・北橘村の新設合併により、現在の渋川市となった。
合併後の住所表記
従来の地名より「大字」を外した地名に変更となった。
旧・渋川市は大字なしの地区(市制施行以前の旧渋川町域)が「渋川」となった。それ以外の地区は変更なし。(それまでの渋川地区では小字毎に郵便番号が振られていたが、これを機に「渋川」で統一された。)
例1:渋川市大字なし→渋川市渋川
例2:渋川市大字石原→渋川市石原
旧子持村と小野上村は渋川市の後に大字名が付く。
例1:北群馬郡子持村大字白井→渋川市白井
例2:北群馬郡小野上村大字小野子→渋川市小野子
旧伊香保町、旧赤城村と旧北橘村は渋川市の後に「伊香保町」、「赤城町」、「北橘町」とそれぞれ付き、その後に大字名が付く。
例1:北群馬郡伊香保町伊香保→渋川市伊香保町伊香保
例2:勢多郡赤城村大字津久田→渋川市赤城町津久田
例3:勢多郡北橘村大字小室→渋川市北橘町小室
*北橘地区は読みを「きたたちばな」から「ほっきつ」に変更した。

地域

健康
主な医療機関
国立病院機構渋川医療センター - 国立病院機構西群馬病院と渋川総合病院を統合
群馬県立小児医療センター
教育
学校教育
小学校
渋川市立渋川北小学校
渋川市立渋川南小学校
渋川市立金島小学校
渋川市立古巻小学校
渋川市立豊秋小学校
渋川市立渋川西小学校
渋川市立伊香保小学校
渋川市立小野上小学校
渋川市立中郷小学校
渋川市立長尾小学校
渋川市立三原田小学校
渋川市立刀川小学校(2017年3月31日廃止、三原田小学校に統合)
渋川市立津久田小学校
渋川市立南雲小学校(2017年3月31日廃止、津久田小学校に統合)
渋川市立橘小学校
渋川市立橘北小学校
中学校
渋川市立渋川中学校
渋川市立渋川北中学校
渋川市立金島中学校
渋川市立古巻中学校
渋川市立伊香保中学校
渋川市立子持中学校
渋川市立赤城南中学校
渋川市立赤城北中学校
渋川市立北橘中学校
高等学校
群馬県立渋川高等学校
群馬県立渋川女子高等学校
群馬県立渋川工業高等学校
群馬県立渋川青翠高等学校
特別支援学校
群馬県立渋川特別支援学校
群馬県立赤城特別支援学校小児医療センター校
専門学校
群馬パース福祉専門学校
社会教育
図書館
渋川市立図書館
美術館
渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館(しぶかわしびじゅつかん・くわはらひろもりびじゅつかん)
:市立美術館。群馬県沼田市出身の桑原巨守氏の彫刻を常設展示している。建物は元々群馬銀行渋川中央支店であったが、その空きスペースを利用する形となっている。
伊香保システィーナ美術館(閉館)
:トリックアートを展示する私立美術館。
群馬ガラス工芸美術館
:アールヌーボーのガラス工芸を展示する私立美術館。
ハラミュージアムアーク
:原美術館(東京都品川区)の分館であり、伊香保グリーン牧場内にある現代美術を展示する私立美術館。

人口

警察

渋川警察署

消防

渋川地区広域市町村圏振興整備組合(渋川市、北群馬郡吉岡町・榛東村で構成)
渋川広域消防本部・消防署(渋川市渋川1815-51)
東分署(渋川市赤城町上三原田468-2)※旧勢多郡赤城村
西分署(渋川市伊香保町伊香保558-4)※旧北群馬郡伊香保町
北分署(渋川市北牧158-1)※旧北群馬郡子持村

経済

産業
主な産業
伊香保地区は伊香保温泉を抱え、観光業が盛ん。また、名物に水沢うどんや湯の花まんじゅうがある。
子持地区はこんにゃくが特産品。
また、大同特殊鋼、関東電化工業、デンカ、日本カーリットの工場がある。
産業人口

姉妹都市・提携都市

渋川市には以下の姉妹都市・友好都市がある(うち2つは旧伊香保町の提携関係を継承したものである)。固有名詞の表記は渋川市サイトに従った。 *
1993年3月31日 - 旧伊香保町と姉妹都市提携
:温泉地同士の交流を希望したアバノテルメ市長が友人を介して群馬県に交流先の打診を行い、伊香保町が紹介された。 *
1996年4月17日 - 友好都市提携
:1991年に渋川市からローガン市に中学生を派遣したのを契機として交流が深まる *
1997年1月22日 - 旧伊香保町と姉妹都市提携
:19世紀後半にハワイ王国駐日公使を務めたロバート・W・アルウィンの別邸が伊香保にあった縁 *
2000年5月23日 - 姉妹都市提携
:「日本のへそ」を自認する渋川市と「イタリアのへそ」(Centro d'Italia)を自負するフォリーニョとの、「へそ」を縁とする関係
眉難市
2018年7月27日 - 姉妹都市提携
:テレビアニメ『美男高校地球防衛部シリーズ』の舞台となる架空の都市で、渋川市がモチーフとなっている。架空の市と姉妹都市になる事例は全国的にも珍しいケースである過去の事例として、鳥取県倉吉市や富山県南砺市がある。。

交通

鉄道
渋川駅は市の中心部に位置するだけでなく、上越線から吾妻線の分岐する交通の要地である。伊香保温泉への入り口駅の一つでもあり、全ての昼行特急列車が停車する。
東日本旅客鉄道(JR東日本)
上越線:(前橋市) - 八木原駅 - 渋川駅 - 敷島駅 - 津久田駅
吾妻線:渋川駅 - 金島駅 - 祖母島駅 - 小野上駅 - 小野上温泉駅
その他、上越新幹線が高崎駅 - 上毛高原駅間で当市を通過しているが、吾妻線との交差部分(金島駅の西方)を除いてトンネル区間となっている。
バス
関越交通
日本中央バス
群馬バス
渋川タウンバス (関越交通、日本中央バスに委託)
伊香保タウンバス
※かつては旧北橘村の村営バスが渋川市営として引き継がれたが、こちらも日本中央バスに委託された。榛東、箕郷方面の路線はかつて群北第一交通が運営していた(現在は群馬バスに移管)。 ・ジェイアールバス関東 高速バス『上州ゆめぐり』が渋川駅、伊香保温泉を経由する。
道路
高速道路
関越自動車道:渋川伊香保IC - 赤城IC
国道
国道17号
国道291号
国道353号
群馬県道(主要地方道)
群馬県道15号前橋伊香保線
群馬県道25号高崎渋川線
群馬県道26号高崎安中渋川線(八木原停車場線、八木原停車場小倉線重複)
群馬県道33号渋川松井田線
群馬県道34号渋川大胡線
群馬県道35号渋川東吾妻線
群馬県道36号渋川下新田線
群馬県道70号大間々上白井線
群馬県道(一般県道)
群馬県道151号津久田停車場前橋線
群馬県道153号水沢足門線
群馬県道155号伊香保村上線
群馬県道156号分郷八崎寄居線
群馬県道157号赤城山敷島停車場線
群馬県道158号宮田吹屋線
群馬県道159号持柏木寄居線
群馬県道160号下箱田岩上線
群馬県道164号渋川吉岡線
群馬県道255号下久屋渋川線

名所・旧跡・観光スポット

thumb|スカイテルメ渋川 thumb|佐久発電所
レジャー
伊香保温泉
小野上温泉
敷島温泉
北橘温泉
渋川スカイランドパーク
スカイテルメ渋川
伊香保グリーン牧場
愛宕山ふるさと公園
日本シャンソン館(館長はシャンソン歌手の芦野宏)
五徳山無量寿院水沢寺(水沢観音) - 坂東三十三箇所16番札所
竹久夢二伊香保記念館
徳富蘆花記念文学館
保科美術館
水沢うどん
佐久発電所(桜の名所)
赤城自然園
旧跡
中筋遺跡
白井宿
白井城(県指定史跡)
道の駅
道の駅こもち
道の駅おのこ

祭事・催事

伊香保石段ひなまつり
小野池あじさいまつり
渋川へそ祭り(7月第4金曜・土曜日)
渋川山車まつり(隔年の8月中旬)
行幸田そばまつり
伊香保まつり(毎年9月18日から20日)
上三原田歌舞伎

渋川市出身の著名人

飯塚健 - 映画監督
一倉宏 - コピーライター、作詞家
生方ななえ - ファッションモデル
狩野恵輔 - 野球選手
木暮武太夫 - 政治家
後藤駿太 - 野球選手
佐藤次郎 - テニス選手
高橋正直 - 馬場馬術選手
さとう麻衣 - シンガーソングライター
渋川清彦 - 俳優
清水博正 - 演歌歌手
曽根中生 - 映画監督
立川志ん朝 - 落語家
田村雄三 - サッカー選手
角田柳作-日本文化・コロンビア大学 ドナルド・キーンは教え子
チョコボール向井 - 実業家、元AV男優
登坂恵里香 - 脚本家、漫画原作者
都丸紗也華 - グラビアアイドル
平方亨 - スポーツ選手
藤岡貴裕 - 野球選手
穂刈恒一
森永一衣 - 声楽家

渋川市を舞台とした作品

ねこむすめ道草日記 (2008年-)(作中のメインとなる舞台、渋垣市は渋川市がモデルとなっている。)
頭文字D(1995年-2013年)
美男高校地球防衛部LOVE!(2015年-)(作中の舞台である眉難市は、渋川市および伊香保温泉がモデルとなっている。)
美男高校地球防衛部HAPPY KISS!(2018年-)

渋川市の近くの未分類

近くの未分類はありません。

何を探しますか?

     
   

駅名から検索

現在位置から検索

※GPS情報を使用します
詳細検索はこちら